徳島丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳島丼(とくしまどん)は、徳島ラーメンの具材を、ご飯にかけた丼物のこと。

概要[編集]

市販されている徳島丼

元々はフジテレビ社員食堂のメニューのひとつであり、社員食堂を運営するフジランドの大久保勝事業部長が考案し、2006年より販売されていた[1]
2009年ミュージシャン桑田佳祐がホストを務める音楽番組「桑田佳祐の音楽寅さん」で紹介されたのがきっかけで話題を呼んだ[2]
同年6月13日に公務で上京していた飯泉嘉門徳島県知事が試食し、7月2日徳島県庁の食堂のメニューに追加された(1日50食限定で一般県民も食べられる)。
具材は徳島ラーメンの具材の醤油で煮込んだ豚ばら肉メンマモヤシ生卵など。

脚注[編集]

  1. ^ 「徳島丼」が人気 フジテレビ社員食堂、ラーメンの具材ご飯にかけ」『徳島新聞』2009年(平成21年)6月16日付夕刊3面。
  2. ^ 『産経新聞』平成21年(2009年)6月12日付大阪本社夕刊10面。

外部リンク[編集]