徳島ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーメン > 徳島ラーメン
徳島ラーメン(いのたに)

徳島ラーメン(とくしまラーメン)は、徳島県のご当地ラーメンである。大きく白・茶(黒)・黄の三系統に分けられるスープが特色である[1][2][3]。中華そばいのたにが、1998年に新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店したのを切っ掛けとして全国的に徳島ラーメンが知られるようになった[1][2][3]

概要[編集]

  • 徳島ラーメンは、戦後1949年頃に屋台から始まっている[1][2][3]
  • 徳島ラーメンは、大きく、茶(黒)の3系統が見られる。発祥地と絡めて、白=小松島系、茶(黒)=徳島系、黄=鳴門系に分類されることもある[1][2][3]
    • スープに薄口醤油や白醤油などで味付けした所謂とんこつの白系、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺の茶(黒)系、鶏がらや野菜などを使い薄口醤油を加えた薄い色のスープを用いる黄系である[1][2][3]
    • 徳島ラーメンのルーツは白(小松島)系という説がある[1][2][3]
    • 徳島にとんこつラーメンが広がったのは、日本ハムの前身である徳島ハムの工場があり、安いとんこつが大量に供給されたからといわれている[1][2][3]
    • 一般的には、麺は、縮れが少なく短め、固さは柔らかめである。具は、青ネギ、メンマ、モヤシに、チャーシューではなく豚のバラ肉を甘辛く煮た物を乗せる店が多い。玉子が特徴的であり、ほとんどの店で生玉子のトッピングがある。このことから、すき焼きのようなラーメンと表現する人もいる[1][2][3]

主な店舗[編集]

  • 徳島県
    • 茶系 : 中華そばいのたに(1998年9月から翌年5月まで新横浜ラーメン博物館に出店し、全国で徳島ラーメンが知られる切っ掛けとなった老舗店)[4][5]。ラーメン東大(1999年創業、徳島市大道)[6][7]、中華そば田村(徳島市板野郡)[8][9]、中華そばやまきょう(徳島市北矢三町)[10]など。
    • 白系 : 岡本中華(1951年創業、小松島市)[11][12]、可成家(徳島市南庄町)[13][14]など。
    • 黄系 : 支那そば三八(1969年創業、徳島市北田宮)[15]など。
  • 関東圏
    • 中華そばJAC(杉並区高円寺北)[16]、徳島NOODLEぱどる(川崎市中原区)[17]など。

その他[編集]

  • 「金ちゃんラーメン」で知られる徳島製粉(徳島市)が茶系のカップラーメンを発売している[18]
  • フジテレビの社員食堂で生まれ、徳島県庁の食堂でも販売されることになった丼である「徳島丼[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 徳島ラーメン”. 新横浜ラーメン博物館. 20190815閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 大崎裕史 (20111011). 日本ラーメン秘史. 日本経済新聞出版社. 
  3. ^ a b c d e f g h 無敵のラーメン論. 講談社. (20020320). 
  4. ^ 中華そばいのたに本店”. 徳島観光サイト阿波ナビ. 20190820閲覧。
  5. ^ いのたに鳴門店”. 鳴門市うずしお観光協会. 20190820閲覧。
  6. ^ ラーメン東大”. ラーメン東大. 20190821閲覧。
  7. ^ ラーメン東大”. 阿波ナビ. 20190821閲覧。
  8. ^ 中華そば田村”. 中華そば田村. 20190821閲覧。
  9. ^ 中華そば田村”. 阿波ナビ. 20190821閲覧。
  10. ^ 中華そばやまきょう”. 阿波ナビ. 20190821閲覧。
  11. ^ 岡本中華”. 岡本中華. 20190821閲覧。
  12. ^ 岡本中華”. 阿波ナビ. 20190821閲覧。
  13. ^ 可成家”. 可成家. 20190821閲覧。
  14. ^ 可成家”. 阿波ナビ. 20180821閲覧。
  15. ^ 三八田宮店”. 阿波ナビ. 20190821閲覧。
  16. ^ 中華そばJAC”. twitter. 20190928閲覧。
  17. ^ 徳島ヌードルぱどる”. twitter. 20190928閲覧。
  18. ^ 金ちゃん徳島らーめんカップ”. 徳島製粉㈱. 20190820閲覧。
  19. ^ 「徳島丼」が人気 フジテレビ社員食堂、ラーメンの具材ご飯にかけ”. 徳島新聞. 20190928閲覧。

外部リンク[編集]