御堀堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有限会社 御堀堂
御堀堂 本社・本店
御堀堂 本社・本店
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
753-0048
山口県山口市駅通り1-5-7
本店所在地 753-0048
山口県山口市駅通り1-5-10
業種 小売業
法人番号 3250002001506 ウィキデータを編集
事業内容 和菓子製造販売
代表者 代表取締役社長 田中米吉
売上高 3億7000万円(2008年度実績)
従業員数 59人(2008年12月1日現在)
支店舗数 5店舗
外部リンク http://www.mihorido.com/
テンプレートを表示

御堀堂(みほりどう)は、山口県山口市にある、ういろう(外郎)の製造・販売を手がける企業(和菓子店)。

概要・歴史[編集]

1927年昭和2年)創業。創業者の田中順助は、当時、現在の山口市大内御堀にあった外郎の老舗・福田屋において修業し、その製造法を伝授された。現社長(3代目)の田中米吉は現代彫刻家としての顔も持つ。

福田屋は、守護大名大内氏がその全盛期を迎えた室町時代に創業。京都より外郎餅の製造法を持ち帰り、山口外郎を創始したという説もあるが、創業時期など詳しい史実は不明である。福田屋は、太平洋戦争での混乱で後継者がいなくなり、1946年に廃業した。これにより、その約20年前に暖簾分けされた[要出典]御堀堂が、山口外郎の製法を継承することとなった。

それ以降、御堀堂では、代々謹製の維持と品質の向上に努め、その結果「御堀堂の外郎」は、1973年鹿児島市で開かれた第18回全国菓子大博覧会において最高賞の名誉総裁賞を受賞。山口県を代表する銘菓の地位を不動のものとした。

御堀堂の外郎は、室町時代より製法を受け継がれた白砂糖入りの白外郎、2代目が考案した小豆黒砂糖を使用した黒外郎、3代目考案の抹茶を使用した抹茶外郎の各種類と季節商品の端午の外郎がある。

御堀堂の本店は、JR山口線山口駅より徒歩3分ほどのところにある。他、市内の湯田温泉瑠璃光寺前、新山口駅名店街、また周南市にも直営店がある。

外部リンク[編集]