当帰芍薬散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、漢方薬の一種である。出典は金匱要略駆瘀血剤と呼ばれる処方のうちで、もっとも虚証の人に用いられる。主に女性に用いられる漢方薬である。

組成[編集]

当帰川芎芍薬沢瀉茯苓[1][2]

適応[編集]

筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすいものの次の諸症:貧血、倦怠感、更年期障害月経不順、月経困難、不妊症動悸、慢性腎炎、妊娠中の諸症、脚気、半身不随、心臓弁膜症[3]

慎重投与[編集]

次の患者には慎重に投与する[3]

  1. 腹部触診上、腹部が充実し、腹壁に力がある患者
  2. 胃腸虚弱な患者

副作用[編集]

過敏症発疹等)、肝機能異常、食欲不振、胃部不快感、悪心嘔吐腹痛下痢[2]

関連する方剤[編集]

当芍美人[編集]

当帰芍薬散は婦人病薬として知られており、その中でも特に当帰芍薬散の適応になりやすいタイプが、華奢で色白な虚弱気味の女性であったことに由来する表現である。華岡青州呉茱萸を当帰芍薬散に加味して処方したとされる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ツムラは蒼朮を採用しており、他のメーカーでは、メーカーによって白朮と蒼朮の違いがみられるが、本来は白朮で、白朮と蒼朮の混同は日本独自の古方派の影響である。両者は微妙に効果が異なるため、現在では投与目的に応じて白朮入りと蒼朮入りを使い分ける、例えば「基本的には蒼朮を使うが、ただし安胎・不妊治療に使うときは白朮を使う」といったケースも見られる。
  2. ^ a b ツムラ製品情報『ツムラ当帰芍薬散』
  3. ^ a b 監修高久史麿、矢崎義雄『治療薬マニュアル2001』(医学書院、2001)、p.1645
  4. ^ 大塚恭男『東洋医学』(岩波新書、1996年)、p.138

参考文献[編集]

関連項目[編集]