張家口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
張家口駅
張家口駅駅舎
張家口駅駅舎
家口
Zhangjiakou
所在地 河北省張家口市橋東区東安大街
所属事業者 中華人民共和国鉄道部
管轄鉄路局 北京鉄路局
等級 一等駅
所属路線 張家口線京包線
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1909年
テンプレートを表示
張家口駅
各種表記
繁体字 張家口站
簡体字 张家口站
拼音 Zhāngjiākŏu​ Zhàn
発音: ヂャンジャーコウ ヂャン
英文 Zhangjiakou Railway Station
テンプレートを表示
本段铁路1914年至1957年间
主要站点与连接线路示意图
路線総延長 20 km
軌間 1435(標準軌) mm
電圧 无(交流
STRrg STRlg
进出站环形铁路
BHF STR
張家口駅
STRrg ABZgr+l STRrf
张家口南口岔道
WBRÜCKE STR
清水河铁路桥
CONTf STR
连接京绥線,往绥远方向
BHF
寧遠駅中国語版
STRlf CONTl
连接京绥線,往北京方向

張家口駅(ちょうかこうえき)は中華人民共和国河北省張家口市橋東区東安大街にあった中国国鉄北京鉄路局が管轄するである。京張線の終点である。張家口南駅に対して、本駅は張家口北駅とも呼ばれる。

所属路線[編集]

駅構造[編集]

利用状況[編集]

駅構内

本駅は京包線(張家口連絡線)の旅客貨物を扱う一等駅で[1]、2010年4月現在、毎日10本余りの旅客列車が発着する[2]

歴史[編集]

  • 1909年 - 京張線の開通に伴い開業した[3]
  • 1914年 - 京張線の帰綏(現:フフホト駅)方面への延伸に伴い、ラケット型ループ線を設けて機回しを含むスイッチバックを行わずに折り返せる様にした[4]
  • 1957年 - 張家口南駅が開業し、京包線の列車は本駅を経由せずに運行出来る様になった[5]。ループ線と寧遠駅は廃止された[4]。京包線本線から張家口南駅~本駅間は支線(張家口連絡線)となり盲腸線の終着駅となった。
  • 2014年6月30日 - この日限りで張家口駅が廃止。最終日となる乗車券は8日間前には売り切れた[6]

隣の駅[編集]

中国国鉄
張家口線
茶坊乗降所 - 張家口駅

出典[編集]

座標: 北緯40度48分50秒 東経114度53分21秒 / 北緯40.81389度 東経114.88917度 / 40.81389; 114.88917