弥次喜多道中記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「弥次㐂夛道中記」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
弥次㐂夛道中記
監督 マキノ正博
脚本 小国英雄
オペレッタ構成・作詞 時雨音羽
出演者 片岡千恵蔵
杉狂児
楠木繁夫
ディック・ミネ
音楽 古賀政男
撮影 石本秀雄
編集 宮本信夫
製作会社 日活京都撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1938年12月1日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

弥次㐂夛道中記[1](やじきたどうちゅうき)は、日本小唄時代劇によるコメディ映画である。1938年(昭和13年)の日活京都撮影所製作、日活配給作品、日活とテイチクの一連の提携作品のうちの一作である。監督は当時30歳のマキノ正博、のちの巨匠・マキノ雅弘の戦前のトーキー作品である。

概要[編集]

十返舎一九の19世紀の滑稽本東海道中膝栗毛』をベースに小国英雄が執筆したオリジナル脚本をマキノが映画化した。片岡千恵蔵の当たり役である遠山金四郎が放蕩に明け暮れる若き日、箱根の関所で出逢う旅の男(杉狂児)を鼡小僧次郎吉と知らずに旅をともにし、実際は架空の人物であるが当時の有名な旅人であったという設定の「弥次さん喜多さん」に間違えられ、京都に着いた半年後に再会の約束をするという、「弥次喜多もの」としては希有な設定をもつ。

1939年(昭和14年)に製作されたオペレッタ時代劇の『鴛鴦歌合戦』の原型とされるが、わずか10日で撮影所内のみの撮影で完成したという同作とは異なり、本作ではロケーション撮影がふんだんに行なわれ、またマキノが得意とするカットを刻むダイナミックな演出が随所にみられる。

キャスト[編集]

テイチク特別出演
日活夛摩川特別出演

関連項目[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上映プリントのタイトル表記。東京国立近代美術館フィルムセンター公式サイト内の「生誕百年映画監督 マキノ雅広 2 - 弥次㐂夛道中記」の表記はそれを採用しており、同ページを参照。「弥」は「彌」ではない。また、項目名については常用漢字を採用した。

外部リンク[編集]