大原女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都市時代祭で、大原女に扮した女性

大原女(おはらめ)とは、山城国大原京都府京都市左京区大原)の女子がを頭に載せて京の都で売ることをさす。行商たる販女(ひさめ)の一種。小原女とも[1]

はじめ大原女はを売っていた(『本朝無題詩』)。これは大原の地が炭の産地だったためである。しかし鎌倉時代以降、京近隣の炭名産地は山城国小野里に移った。大原は薪で有名となり、大原女も薪を売り歩くようになった。

その風俗は、島田髷手拭を被り、薪を頭上に載せ、鉄漿をつけ、紺の筒袖で白はばきを前で合わせ、二本鼻緒の草鞋を履いている。

京都の風物詩として著名で、「東北院職人尽歌合」や「七十一番職人歌合」など中世の職人歌合において記され、狂言・舞踏にも登場する。

昭和に入ったころからゆるやかに減少し、1945年以降急速に減少したとされる[2]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ おはらめ【大原女】, デジタル大辞泉, kotobank.
  2. ^ 橋本暁子「近代における大原女の変化 : 大原と八瀬の比較を通して」、『交通史研究』第63巻、交通史学会、2007年、 29-51頁、 doi:10.20712/kotsushi.63.0_29

関連項目[編集]