弥彦山ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弥彦観光索道株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
959-0323
新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦2898番地
業種 陸運業
法人番号 3110001016262
事業内容 ロープウェイ・レストランの経営
代表者 加藤治(代表取締役社長)
主要株主 聚楽
外部リンク http://www.hotel-juraku.co.jp/yahiko/
テンプレートを表示
山麓駅(2020年6月)
山頂駅(2020年6月)
多宝山山頂(画像左)と弥彦山山頂の中間点に位置しており、周囲には展望レストランやパノラマタワーもある[1]。真の弥彦山頂(御神廟)へはここから徒歩約15分[1]

弥彦山ロープウェイ(やひこやまロープウェイ)は、新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦山にある索道(ロープウェイ)。弥彦観光索道が運営している。

概要[編集]

1958年開設。

索道は山麓駅と山頂駅の2駅間、1,000mを5分で結んでおり、晴れた日には山頂駅から佐渡島が見える。

設計・製作は安全索道が行った。

ゴールデンウィークなどの繁盛期は、山麓駅・山頂駅で待つこともある。

ゴンドラ[編集]

現在運用しているゴンドラは3代目で、1990年近畿車輛で製造されたものである。初代、2代目と同様に「うみひこ」「やまひこ」の愛称がある。

ちなみに、「うみひこ」「やまひこ」という愛称は神戸市須磨区にある須磨浦ロープウェイでも使われている。

アクセス[編集]

彌彦神社と山麓駅を結ぶ無料シャトルバス(2020年6月)

脚注[編集]

  1. ^ a b 弥彦まちあるきMAP”. 弥彦観光協会. 2020年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]