平野英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらの えいじ
平野 英治
生誕 (1950-09-15) 1950年9月15日(68歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 一橋大学経済学部
ハーバード大学大学院
職業 年金積立金管理運用独立行政法人経営委員長
メットライフ生命保険取締役副会長

平野 英治(ひらの えいじ、1950年昭和25年)9月15日 - )は、日本実業家中央銀行家日本銀行理事、メットライフ生命保険代表執行役副会長等を経て、年金積立金管理運用独立行政法人経営委員長。修士(ハーバード大学1978年)。

人物[編集]

  • 2012年3月のブルームバーグのインタビューには、「日本の政策立案能力が落ちており、外部環境も悪い。そうした中で中央銀行に負担がかかっており、日銀は結果として大盤振る舞いを続けざるを得ない」との見解を示し[1]、日本銀行が物価上昇1%を目指すと表明して長期国債10兆円の追加購入を決めたことについては「非常にデスパレート(絶望的)な行為だと思う」「あえて日銀がある種のルビコン川を渡ってしまったのではないか、というふうに設問すると、私には渡ったようにみえる」との見解を示した[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]