平岡町 (加古川市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平岡村 (兵庫県)から転送)
移動先: 案内検索
平岡
ひらおか
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 加古川市
旧自治体 平岡村
面積
8.66km²
世帯数
21,614世帯
総人口
52,768
推計人口、2013年1月1日現在)
人口密度
6,093.3人/km²
隣接地区 加古川町神野町野口町別府町
播磨町明石市
加古川市役所平岡市民センター
北緯34度44分22.45秒 東経134度52分21.86秒 / 北緯34.7395694度 東経134.8727389度 / 34.7395694; 134.8727389座標: 北緯34度44分22.45秒 東経134度52分21.86秒 / 北緯34.7395694度 東経134.8727389度 / 34.7395694; 134.8727389
所在地 〒675-0102
兵庫県加古川市平岡町西谷124-1
平岡の位置(兵庫県内)
平岡
平岡
テンプレートを表示

平岡町(ひらおかちょう)は、兵庫県加古川市の地域である。

1950年6月15日加古郡平岡村・加古川町尾上村神野村野口村と合併し、新たに加古川市となったことで地方自治体として消滅した。旧村域は現在の加古川市平岡町に相当する。 (※本項では、かつて同地域に所在した平岡村(ひらおかむら)についても述べる。)

概要[編集]

 平岡町は現在の、加古川市平岡町新在家・平岡町西谷・平岡町高畑・平岡町土山・平岡町つつじ野・平岡町二俣・平岡町山之上・平岡町中野・平岡町八反田・平岡町一色・平岡町一色東・平岡町一色西にあたる。 加古川市では、当地域中央の東加古川駅周辺地域を副都心として位置付けし、「文教・都市型商業アミューズメント拠点」として整備する。 また、東加古川駅で設置予定されていた貨物駅予定地は、阪神・淡路大震災の際に仮設住宅用地として利用され、現在宅地開発されている[1]

 戦後、東加古川駅開業・宅地開発(神戸製鋼二俣社宅・川崎重工社宅の建設、鶴池タウン、城の宮団地、平岡団地)によって、急速に人口が増加した。 市政発足時、町内に小学校1校、中学校0.5校(中部中に野口・平岡町全域から通学)であったものが、現在(2016年)は町内に小学校4校、中学校2校にまで生徒数が増えた事からも読み取れる。

 昭和63年、南隣の別府町に商業施設(イトーヨーカドー)ができ、以前からあった新在家のニチイ(後のサティ(現イオン))も含め、平岡町周辺に大規模小売店が集積したことで、平成になってからも人口流入が続き、加古川町と肩を並べるまでに発展。 その影響で、平岡町内を南北に貫く県道383号八幡別府線は、加古川東ランプや新在家のイオン、明姫幹線や別府へ向かう道路は南北両方向ともラッシュ時を中心に慢性的な渋滞が発生する。

歴史[編集]

ひらおかむら
平岡村
廃止日 1950年6月15日
廃止理由 新設合併
平岡村加古川町尾上村神野村野口村加古川市
現在の自治体 加古川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
加古郡
団体コード なし(コード導入前に廃止)
総人口 6,250
臨時国勢調査、1947年)
隣接自治体 加古郡別府町神野村野口村阿閇村天満村明石郡魚住村
平岡村役場
所在地 兵庫県加古郡平岡村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

教育[編集]

公共施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東加古川駅周辺整備事業
  2. ^ 角川書店 1988.
  3. ^ 加古川市史 記述編 2000, pp. 798.
  4. ^ 加古川総合保健センター沿革
  5. ^ 加古川市の図書館
  6. ^ a b c 町又は大字の設定

参考書籍[編集]