平山蘆江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平山 蘆江(ひらやま ろこう、1882年11月15日 - 1953年4月18日)は日本の新聞記者、作家。

神戸生まれ、本名は壮太郎。実父の死後に長崎の酒屋、平山家の養子になった。

日露戦争中、満州に渡り、帰国後は都新聞の記者になり、花柳演芸欄を担当した。のちに読売新聞に移った。小説、随筆などを著した。

孫の平山城児は国文学者で立教大学名誉教授

著作[編集]

  • 西南戦争(1926年):西郷隆盛らを描いた小説。
  • 東京おぼえ帳(1953年):明治大正の歌舞伎界、花柳界の裏面などを描いた随筆。ウェッジ文庫で復刊(2009年)
  • 蘆江怪談集(1934年):怪談小説12本と随筆「怪異雑記」、ウェッジ文庫で復刊(2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]