常澄村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常澄村
Tsunezune Ibaraki chapter.png
常澄村章
1960年昭和35年)1月1日制定
廃止日 1992年3月3日
廃止理由 編入合併
常澄村水戸市
現在の自治体 水戸市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
東茨城郡
団体コード 08301-1
面積 28.89km².
総人口 10,557
(1990年10月1日(国勢調査))
隣接自治体 水戸市
勝田市
那珂湊市
東茨城郡大洗町
東茨城郡茨城町
常澄村役場
所在地 茨城県東茨城郡常澄村大串2134
外部リンク 未開設
Tsunezune Ibaraki map.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

常澄村(つねずみむら)は茨城県の中東部、東茨城郡に属していた。現在の水戸市東端部にあたる。

概要[編集]

県庁所在地・水戸市に隣接し、近郊農業地帯となっていた[1]人口約1万人の村。1980年から成田国際空港の開港に伴う国道51号の整備・鹿島港の開発・大洗鹿島線の開業など県東部の開発が進められていたことと、水戸市の郊外都市としての機能が期待できたことから、村の西側に住宅地「大串団地」を開発していた[2][3]。しかし脆弱な財政基盤のために下水道や道路の整備が村単独では難しく、当時の村長などが水戸市への合併を希望していた。1992年平成4年)、水戸市へ編入されて消滅した。

地理[編集]

村は那珂川の河口付近に位置し、村の面積の6割は低地であり、その大半が水田となっている。西側は台地になっている。[1]

人口[編集]

  • 村発足時には10,192人であったが、高度経済成長期時の農村部の都心目的の人口流出で減少し、1970年には9,094人にまで落ち込む。しかし、1973年頃から一転して増加し、[4]更に1975年以降は国道51号の整備や大洗鹿島線の開業および大串団地の開発もあって、水戸市との合併直前に再び人口1万人を回復した。[2][5]ただし人口密度は1平方キロメートルあたり約350人程で、当時1平方キロメートル辺り1,000人を超えていた水戸市勝田市那珂湊市などの諸都市と比較すればかなり人口のまばらな農村地帯であったといえる[6]

気候[編集]

  • 温暖な地域であり、夏場は高温多雨で、冬場は乾燥する日が続く。農業に適し、特に米作が盛んである。[6]

隣接していた自治体[編集]

自治体名はいずれも村消滅当時のもの。

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

村章[編集]

産業[編集]

第一次産業[編集]

低地部では米作が盛んであった。やがて生産過剰から休耕・転作が行われた[10]。台地上では畑作が行われ、[11]特に1980年頃から水戸市の近郊農業地域として、野菜果樹類の栽培が増えていった。[11]またかつては林業も盛んであり、マツスギヒノキが用材や燃料用として供給されていた。[12]那珂川・涸沼川での水産業も行われ、シジミサケが獲れたという。[12]

第二次産業[編集]

国道51号国道245号の沿線で主に製造業の工場誘致を積極的に行っていた。[6][12]製品の一部である部品の製造・鉄鋼・食料品の加工・瓦製造・印刷業が行われている。[13]

地域[編集]

 教育 [編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

常澄駅
廃線

道路[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 常澄村教育委員会 『常澄』 茨城県東茨城郡常澄村教育委員会、1982年3月31日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック3 [関東]』 日本放送協会、1992年4月1日
  • 常澄村 『常澄村勢要覧 '88』 茨城県東茨城郡常澄村企画財政課、1988年8月

脚注[編集]

  1. ^ a b 常澄 p2
  2. ^ a b 常澄 p3
  3. ^ 常澄 p9
  4. ^ 常澄 p21
  5. ^ 常澄 p14
  6. ^ a b c 常澄 p15
  7. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  8. ^ NHKふるさとデータブック p72
  9. ^ 常澄村勢要覧 '88 p1
  10. ^ 常澄 p16
  11. ^ a b 常澄 p17
  12. ^ a b c 常澄 p18
  13. ^ 常澄 p19