常夜鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豚肉とホウレンソウに豆腐を加えた常夜鍋

常夜鍋(じょうやなべ、じょうよなべ、とこよなべ、とこやなべ)は、日本鍋料理宵夜鍋の表記や、これを「よいややべ」「しょうやなべ」などと読ませる例もある。

概要[編集]

豚肉ホウレンソウ(またはコマツナ白菜キャベツもやしなど[1])をさっと煮てポン酢で食べる。 鍋つゆに味はつけないため、調理法としては水炊きの系統に分類される。 豚肉を使用することから、しゃぶしゃぶの一種とみなして豚しゃぶちり鍋の一種として豚ちりと呼ばれることもある。

常夜鍋の名は、毎晩食べても飽きないことが由来[1]と言われるが、異説もある。

作り方[編集]

昆布を敷いた鍋に水と日本酒を入れて沸騰させ、豚肉とほうれん草を煮ながら食べる。ほうれん草はアクが強いため、予め下茹でを施しておくほうが望ましい。 昆布や日本酒は省略されることもある。薬味として大根おろしや刻みネギ、粉唐辛子などがよく用いられる。

決まったレシピはなく、豚肉ではなく牛肉鶏肉が使われることもある。追加の具材として、シイタケなどのキノコ類や春雨くずきり豆腐油揚げなどを入れてもよい。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 藤本義一 『川島雄三 サヨナラだけが人生だ』 河出書房新社、2001年3月、95頁。ISBN 4309264530 
  3. ^ 藤本義一 2001, pp. 54
  4. ^ 藤本義一 2001, pp. 53–54