常夜鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

常夜鍋(じょうやなべ)は、豚肉及びホウレンソウまたはコマツナ白菜キャベツなどをさっと煮てポン酢で食べる鍋料理[1]。常夜鍋の名は、毎晩食べても飽きないことが由来[1]

豚肉を使用することから、しゃぶしゃぶの一種と見て豚しゃぶちり鍋の一種として豚ちりと呼ばれることもあり、水炊きの一種とされることもある。

作り方[編集]

水を張った鍋に昆布を敷き[要出典]日本酒を入れた出汁に、豚肉、葉野菜を入れて煮込む。その際に、生食可能なもの以外にはシュウ酸が含まれ、えぐみが出たりアレルギーの元となるため、あらかじめ茹でておくことが望ましい[要出典]

決まったレシピはなく、豚肉の代わりに牛肉鶏肉が使われることもある[要出典]。追加でシイタケ春雨豆腐や油揚げを入れても美味しい。また、水を使わずに、清酒のみで煮る場合もある[要出典](酒は水より沸点が低いので早く煮立たせる事が出来る)。

その他[編集]

  • 起源の一説として、旧制高校の寮生がはじめたというものがある。
  • 昭和の芸術家かつ美食家でもある北大路魯山人は、これを宵夜鍋(じょうやなべ)と呼び、中国から始まったものと由来づけており[2][出典無効]、「作り方」も上記と異なる。
  • 北大路魯山人向田邦子[3]ケンタロウのレシピが有名であるが、上記「作り方」と異なり昆布や出汁は使用せず、水で2-3倍に薄めた日本酒を使用する。また、具は豚肉とほうれん草だけである。

脚注[編集]

  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 和食キュレーションサイト和食ラボ 実戦できる!魯山人の鍋にまつわるエピソード
  3. ^ 向田邦子『夜中の薔薇』