川島亜依美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川島 亜依美
Aimi Kawashima
岡山シーガルズ  No.28
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-04-15) 1990年4月15日(27歳)
出身地 岐阜県神戸町
ラテン文字 Aimi Kawashima
身長 181cm
体重 67kg
血液型 B型
選手情報
所属 岡山シーガルズ
愛称 リン
ポジション MB
指高 230cm
利き手
スパイク 298cm
ブロック 285cm
テンプレートを表示

川島 亜依美(かわしま あいみ、女性、1990年4月15日 - )は、日本バレーボール選手。岐阜県神戸町出身。ニックネームはリンプレミアリーグ岡山シーガルズ所属。

来歴[編集]

母親の影響で小学校3年生からバレーボールを始める。九州文化学園高等学校では、2007年インターハイ優勝をはじめ、同級生の峯村沙紀らとともに春高バレー国体を経験した。

2009年4月、岡山シーガルズ入部。2010-11プレミアリーグの後半から徐々に起用される。2011年のV・サマーリーグでチームを準優勝へ導き、自身も敢闘賞を受賞した。2011-12プレミアリーグでは出場機会を増やし、4年ぶりの四強入りに貢献した。2012-13プレミアリーグではレギュラーとしてチーム最高の3位となった。

2013年4月、全日本女子メンバーに初選出された[1]。同年7月のアメリカ親善試合で代表デビューを飾り、8月のFIVBワールドグランプリのアルジェリア戦でスタメンで出場した。

球歴[編集]

  • 全日本代表 - 2013年-

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • トヨタ車体に所属していた川島里華は実妹である。
  • 中学時代は吹奏楽部に所属し、コントラバスを担当していた。岡山河本昭義監督からは弦をはじく要領でボールに回転を与えるようにアドバイスされ、独特の打法をマスターした[2]

所属チーム[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[2]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2008/09 岡山 1 1 2 0 0.0% % 0 0.00 1 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0 内定選手
2009/10 1 1 3 0 0.0% % 0 0.00 1 0 0.00% 0.0% 1 100.0% 0
2010/11 3 10 30 10 33.3% % 5 0.18 11 0 0.00% 6.8% 1 0.0% 15
2011/12 21 56 134 44 32.8% % 20 0.36 104 4 3.85% 12.4% 3 66.7% 68
2012/13 28 99 330 116 35.2% % 33 0.33 287 9 3.14% 10.4% 15 86.7% 158
2013/14 28 93 328 125 38.1% % 29 0.31 257 9 3.50% 13.1% 12 41.7% 163
2014/15 21 63 237 91 38.4% % 25 0.40 179 5 2.79% 12.0% 5 60.0% 121
2015/16 21 74 209 80 38.3% % 19 0.26 248 10 4.03% 14.5% 6 50.0% 109
2016/17 21 71 297 108 36.4% % 24 0.34 201 4 % 10.4% 5 60.0% 136

脚注[編集]

  1. ^ 日本バレーボール協会. “2013年全日本女子”. 2013年4月16日閲覧。
  2. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]