川原毛大湯滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川原毛大湯滝
Kawarage-Oyutaki.jpg
位置 北緯38度59分38.26秒
東経140度35分33.05秒
所在地 秋田県湯沢市高松
落差 20m
水系 雄物川水系湯尻沢
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
Hot springs 001.svg川原毛大湯滝
温泉情報
所在地 秋田県湯沢市
交通 車 : 湯沢横手道路須川ICから秋田県道51号湯沢栗駒公園線経由で約20分。駐車場からは徒歩で15分程度
泉質 塩化物泉
泉温(摂氏 94.5 ℃
pH 1.41
テンプレートを表示
川原毛地獄

川原毛大湯滝(かわらげおおゆたき(だき))とは、秋田県湯沢市にある温泉野湯)のこと。川原毛温泉(かわらげおんせん)ともいう。近くに川原毛地獄がある。

概要[編集]

上流の湧出地から流れ下る比高20m程度のが温水となっており、滝壺を温泉として利用できる。豪快な野湯という点では、北海道カムイワッカの滝と並び評される。標高は700メートル。

日本の滝の中でも特筆すべきユニークな滝で、湯尻沢の上流で湧出する約96度の源泉が沢水に混入しながら流れ下り、適度な温泉となって断崖を一気に落下するもので、2つの滝壺が天然の露天風呂となっている。この源泉は世界に3つしかない強酸性温泉で、飛沫を浴びると目がかすかにしみるような刺激がある。皮膚炎外傷に効能を持つ。

アクセス[編集]

車(自家用車等)

湯沢横手道路須川ICから秋田県道51号湯沢栗駒公園線経由で約20分。駐車場からは徒歩で15分程度。(案内標識あり)
  • 駐車場があるが、許容台数が少ないため、観光シーズンには停められる保証はない。

公共交通機関

JR奥羽本線湯沢駅から羽後交通泥湯温泉行きに乗って、終点(泥湯温泉)下車。 車で15分。1時間ほど登山して、駐車場へ。また駐車場から15分。
もしくは、三途川停留所(駐車場)から徒歩2時間以上。

冬季(11月中旬~翌年5月頃)期間中は、駐車場まで直通する道路が冬季閉鎖のため、車の利用は出来ない。

泉質[編集]

  • 酸性 - 含二酸化炭素・鉄II - 塩化物泉
    • 源泉温度 : 94.5℃
    • PH : 1.41

湯温源泉地である川原毛地獄での温度であり、下流の滝壺では入浴に適した温度になっている。但し温度は河川水の多寡により変化する(乾燥している時期は40度を超えるが、豪雨の直後は水同様になる)。

温泉街[編集]

野湯であり温泉街は存在しないが、滝に至る手前の道を左に進んだ所に川原毛温泉跡がある。また、川原毛地蔵菩薩の左下を流れる川には、人工的に作られた湯壺が2ヶ所あり1年を通じて入浴できる(現在、「立ち入り禁止」の看板が設置されている)。

外部リンク[編集]