崔泓熙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崔 泓熙
チェ・ホンヒ
生誕 1918年11月8日
大日本帝国の旗 朝鮮 咸鏡北道明川郡
死没 2002年6月15日(満83歳没)
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 平壌市
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 1943 - 1945(日本陸軍)
1946 - 1962(韓国陸軍)
最終階級 陸軍少将(韓国陸軍)
除隊後 国際テコンドー連盟初代会長
テンプレートを表示

崔 泓熙 (1918年11月9日 – 2002年6月15日) — 崔将軍としても知られる — は、テコンドーの創始者として知られる武道家。韓国陸軍少将としての経歴を保持する。松濤館流空手道二段、テコンドー9段。(テコンドーの段位表記はWTF・ITFともに全て数字)

学徒出陣して日本軍少尉。配属された第42部隊で反乱を計画した。しかし44年秋ごろに発覚し、学徒兵60~70人が逮捕され、うち37人が起訴された。1945年6月、軍法会議で銃殺刑が求刑されるが、学徒兵であることの影響が考慮され、7年の有期刑に減刑される。

1946年2月、軍事英語学校卒業、任少尉(軍番44番)、第4連隊の創設に参加。1946年5月、第2連隊大隊長。1946年9月、第2連隊長。1947年2月、総司令部情報局長。1950年7月、第1軍団情報参謀。1951年、第1軍団参謀長。1953年、第29師団長。1955年、第3管区司令官。1960年、第2訓練所長。1961年、第6軍団長。1962年、予備役編入。

1962年4月、駐マレーシア大使。1966年に国際テコンドー連盟を創設。東ベルリン事件に巻き込まれ1972年にカナダへ亡命。側近に「生涯の最後は故郷で終えたい」と述べ、2002年6月14日に北朝鮮に入国して翌日に死亡。

外部リンク[編集]