島田昌和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

島田 昌和(しまだ まさかず、1961年 - )は、日本経営学者博士(経営学)。 経営史において渋沢栄一の研究に業績を発表している。学校法人文京学園理事長でもある。

学歴[編集]

  • 1983年 早稲田大学社会科学部社会科学科卒業
  • 1987年 早稲田大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
  • 1993年 明治大学大学院経営学研究科博士課程(単位取得満期退学)

学位[編集]

主な経歴[編集]

主要な研究業績[編集]

  • 1995年 渋沢栄一の企業者活動と関係会社, 革新の経営史
  • 1998年 渋沢栄一の企業者活動とその周辺経営者, 明治大学経営論集45/2-3-4, p63
  • 2003年 草創期の経営者・渋沢栄一:出資と企業育成, 組織科学36/4,p46-55
  • 2005年 「リコーの複写機事業の失敗と再生」(石崎琢也と共同執筆) 宇田川勝、佐々木聡、四宮正親編『失敗と再生の経営史』 有斐閣
  • 2007年 『渋沢栄一の企業者活動の研究-戦前期企業システムの創出と出資者経営者の役割』 日本経済評論社
  • 2008年 『進化の経営史-人と組織のフレキシビリティ』(橘川武郎と共編) 有斐閣

関係者[編集]

  • 島田依史子 - 祖母、学校法人文京学園初代理事長、元文京女子短期大学学長
  • 島田和幸 - 父、同2代理事長、元文京女子短期大学学長
  • 島田燁子 - 母、学校法人文京学園学園長、同3代理事長・元文京学院大学学長