島田勇雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島田 勇雄(しまだ いさお、1911年(明治44年) - 1990年(平成2年)2月)は、日本国語学者

人物[編集]

広島県生まれ。東京帝国大学卒、立正大学助教授神戸大学文学部教授1975年定年退官、名誉教授甲南女子大学教授、1982年退職。

著書[編集]

  • 『文論中心国語文法』明治書院、1963
  • 『文論中心口語文法』明治書院、1985
  • 西鶴本の基礎的研究』明治書院、1990

共編[編集]

  • 万葉集の解釈と文法』次田潤共著、明治書院、1956
  • 『国語文語国文法要覧』次田潤共編 明治書院、1957

校注[編集]

記念論集[編集]

  • 『ことばの論文集 島田勇雄先生退官記念』前田書店出版部、1975
  • 『ことばの論文集 島田勇雄先生古稀記念』明治書院、1981

参考[編集]

  • 『日本古典文学大系 第31、保元物語、平治物語』校注者紹介