島田俊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

島田 俊平(しまだ しゅんぺい、1948年(昭和23年)5月6日 - )は、日本の経営者石屋製菓取締役相談役で、サザエ食品代表取締役社長。

人物・来歴[編集]

北海道夕張市出身。1973年慶應義塾大学卒業後、北海道拓殖銀行に入行。主に融資部門を担い、西新宿支店長、帯広支店長等を歴任。同行が経営破綻北洋銀行営業譲渡された際には、拓銀帯広支店の所在地に新設された北洋銀帯広中央支店長を務めた。2001年取締役に選出。2004年には常務に昇格し、融資部管掌の筆頭常務として地崎工業などの経営再建に携わった[1]

2007年8月、賞味期限改ざんが発覚し、辞任を表明した石屋製菓の石水勲社長の後継として、同社の主力行である北洋銀から派遣されて社長に就任した[2]。社長就任後には、週1回の社内連絡会を設け、従業員との交流を密にし風通しの良い職場環境の創出に尽力。白い恋人の販売再開にこぎ着け[3]2013年7月、取締役相談役に退いた[4]

2015年6月、石屋製菓が道内での販売は堅調であったものの、関東で展開していた和菓子事業の売り上げ不振によって、会社整理を決定したサザエ食品の道内事業のみを買収し新たに設立したサザエ食品の代表取締役社長に就任した[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『検証 拓銀破たん10年』P 364
  2. ^ 47NEWS 「白い恋人」社長引責辞任 来週に、後任は北洋銀常務」『共同通信』2007年08月17日
  3. ^ 『検証 拓銀破たん10年』P 365 - 366
  4. ^ 代表取締役社長の異動に関するお知らせ (PDF) - 石屋製菓株式会社 平成25年5月24日
  5. ^ サザエ食品(株)の道内事業承継について(2015年7月11日閲覧)
  6. ^ サザエ食品|ごあいさつ Archived 2015年6月29日, at the Wayback Machine.(2015年7月11日閲覧)

参考文献[編集]