岩瀬博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩瀬 博(いわせ ひろし、1934年(昭和9年)4月3日 - )は、国文学者、大谷女子大学(現大阪大谷大学名誉教授広島県呉市出身。1959年國學院大學文学部国文科卒、1966年同大学院博士課程中退、大谷女子大学助教授教授。2005年定年、名誉教授。

著書[編集]

  • 『伝承文芸の研究 口語りと語り物』三弥井書店、1990

共編著[編集]

  • 『瞽女の語る昔話 杉本キクエ媼昔話集』編著、三弥井書店、1975、昔話研究資料叢書
  • 『日本の昔話 2 信濃の昔話』共編、日本放送出版協会、1980
  • 与那国島の昔話 沖縄県八重山郡与那国町』共編著、同朋舎出版、1983、南島昔話叢書
  • 福富草紙 俵藤太物語 御伽草子絵巻』編、1984、和泉書院影印叢刊
  • 『七夕 鶴のさうし』松浪久子共編、1986、和泉書院影印叢刊
  • 『奄美文化を探る 文芸・民俗・歴史からのアプローチ』山下欣一共編著、海風社、1990、南島叢書
  • 『民話の原風景 南島の伝承世界』福田晃共編、世界思想社、1996
  • 『新潟県牧村の昔話』松浪久子共編著、和泉書院、1998
  • 『講座日本の伝承文学 口頭伝承「ヨミ・カタリ・ハナシ」の世界』福田晃、花部英雄共編、三弥井書店、2004
  • 『琉球の伝承文化を歩く 喜界島の伝説・昔話』高橋一郎、松浪久子共編、三弥井書店、2006
  • 『新潟県上越の昔話』松浪久子共編著、和泉書院、2007

参考[編集]