岩本正恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩本 正恵(いわもと まさえ、1964年 - 2014年12月31日[1])は、日本の翻訳家東京都出身。東京外国語大学英米語科卒業。大学在学中は本の雑誌社で助っ人アルバイトをしていた。

卒業後、会社員生活をしながら翻訳学校に通い、翻訳家となる。

翻訳[編集]

  • 毒殺百科 / ブライアン・マリナー 平石律子・岩本正恵共訳 青弓社 1993
  • 絞首刑執行人の日記 / T.J.リーチ 青弓社 1994
  • アヘン / ジム・ホグシャー 青弓社 1995
  • ドラキュラにご用心! / R.A.ヌーナン ほるぷ出版 1996 (モンスター・タウン ; 1)
  • 魔女の悪だくみ / R.A.ヌーナン ほるぷ出版 1996 (モンスター・タウン ; 2)
  • 先生はゾンビ / R.A.ヌーナン ほるぷ出版 1996 (モンスター・タウン ; 3)
  • おしゃべりポルターガイスト / R.A.ヌーナン ほるぷ出版 1996 (モンスター・タウン ; 4)
  • 雪男がでた! / R.A.ヌーナン ほるぷ出版 1997 (モンスター・タウン ; 5)
  • モハメド・アリ / 聖者 ハワード・ビンガム写真 リトル・モア 1997
  • エレベーター・ミュージック : BGMの歴史 / ジョゼフ・ランザ 白水社 1997
  • 英語で歌う日本のうた / グレッグ・アーウィン著 岩本正恵ライナーノーツ訳 ジャパンタイムズ 1998
  • ラップという現象 /マーク・コステロ、デイヴィッド・フォスター・ウォーレス著 佐藤良明監修 白水社 1998
  • キス / キャスリン・ハリソン 新潮社 1998 (Crest books) のち新潮文庫
  • 英語で歌う日本のうた 第2集 / グレッグ・アーウィン著 岩本正恵ライナーノーツ訳 ジャパンタイムズ 1999
  • 巡礼者たち / エリザベス・ギルバート 新潮社 1999 のち新潮文庫
  • アメリカの鳥たち / ローリー・ムーア 新潮社 2000
  • 極北の動物誌 / ウィリアム・プルーイット 新潮社 2002
  • シェル・コレクター / アンソニー・ドーア 新潮社 2003 (Crest books)
  • ノーホエア・マン / アレクサンダル・ヘモン 白水社 2004
  • ああいえばこういう。 : このあと続けてもう一回っていうのは、きついかも / ミル・ミリントン 河出書房新社 2005
  • 十話 : the 10 stories ランダムハウス講談社編 共訳 ランダムハウス講談社 2006
  • 石の葬式 / パノス・カルネジス 白水社 2006
  • 信頼 / アルフォンソ・リンギス 青土社 2006
  • 世界の果てのビートルズ / ミカエル・ニエミ 新潮社 2006 (Crest books)
  • 四月馬鹿 / ヨシップ・ノヴァコヴィッチ 白水社 2008
  • 青い野を歩く / クレア・キーガン 白水社 2009 (Ex libris)
  • 最終目的地 / ピーター・キャメロン 新潮社 2009 (Crest books)
  • メモリー・ウォール / アンソニー・ドーア 新潮社 2011 (Crest books)
  • ヴァレンタインズ / オラフ・オラフソン 白水社 2011 (Ex libris)
  • 美しい子ども /松家仁之編 共訳 新潮社 2013 (Crest books. 新潮クレスト・ブックス短篇小説ベスト・コレクション)
  • 世界堂書店 米澤穂信編 共訳 文藝春秋 2014(文春文庫)
  • この世界の女たち : アン・ビーティ短篇傑作選 / アン・ビーティ 河出書房新社 2014
  • 愛と障害 / アレクサンダル・ヘモン 白水社 2014 (エクス・リブリス)

脚注[編集]

参考・外部リンク[編集]