岩倉具起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 具起(いわくら ともおき、慶長6年6月14日1601年7月13日) - 万治3年2月6日1660年3月17日))は、江戸時代前期の公卿村上源氏久我家の分家岩倉家の第2代当主。後水尾天皇(108代)から後西天皇(111代)の4代にわたり朝廷に仕え、従二位権中納言まで昇った。

父は岩倉具堯正五位下木工頭)。母は左近衛中将園基継の娘。弟に千種有能千種家を再興、正二位権大納言)。子に岩倉具詮がいる。明治維新の功臣岩倉具視は子孫にあたる。

元和5年(1619年)に叙爵。元和6年(1620年)、後水尾天皇侍従となり、元和8年(1622年)に左近衛少将。その後、官位のみ累進していき、寛永19年(1642年)に従三位に達して公卿に列した。正保元年(1644年)に参議に任じられたが、翌年には辞す。同年踏歌節会外弁をつとめた。承応元年(1652年)従二位権中納言となったが、明暦2年(1656年)に辞職。

関連項目[編集]

先代:
岩倉具堯
岩倉家
第2代
次代:
岩倉具詮