岩倉具詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 具詮(いわくら ともあき、寛永7年10月27日1630年12月1日)- 延宝8年4月16日1680年5月14日))は、江戸時代前期の公卿村上源氏久我家分家岩倉家第3代当主。おもに後光明天皇(110代)から東山天皇(113代)の3代にわたって仕え、従二位参議まで昇った。

権中納言岩倉具起の子。母は右近衛少将小倉季藤の娘。はじめ具家と名乗った。寛永9年(1632年)に叙爵。寛永16年(1639年)に元服。その後、侍従右近衛少将右近衛中将を経て万治2年(1659年)に従三位となり、公卿に列する。寛文5年(1665年正三位に昇進したのを機に具詮と改名。寛文6年(1666年)に参議となるも翌年には辞職し、延宝5年(1677年)には従二位となった。

従兄弟千種有維の子(岩倉乗具)を養子に迎えて家督を譲った。明治維新の功臣岩倉具視は子孫にあたる。


関連項目[編集]

先代:
岩倉具起
岩倉家
第3代
次代:
岩倉具成