岩佐壯四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩佐 壯四郎(いわさ そうしろう、1946年4月 - )は、日本近代文学研究者、関東学院大学教授。

島根県生まれ。1969年早稲田大学教育学部国文科卒、1977年同大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。1976年山口女子大学講師。1979年関東学院女子短期大学助教授、1998年『抱月のベル・エポック』でサントリー学芸賞受賞、2001年関東学院大学文学部教授。専攻は日本近代文学、比較文学。

著書[編集]

  • 『世紀末の自然主義 明治四十年代文学考』(有精堂出版(新鋭研究叢書) 1986年)
  • 『抱月のベル・エポック 明治文学者と新世紀ヨーロッパ』(大修館書店 1998年)
  • 『日本近代文学の断面 1890-1920』(彩流社 2009年)
  • 『島村抱月の文藝批評と美学理論』早稲田大学出版部、2013 

参考[編集]

  • J-GLOBAL 研究者情報