岩井新吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩井新吉
生誕1913年
富山県黒部市
死没2001年
岡山県岡山市
国籍日本の旗 日本
著名な実績洋画家

岩井 新吉(いわい しんきち、大正2年(1913年) - 平成13年(2001年))は、富山県黒部市出身で岡山県洋画家

年譜[編集]

  • 大正2年(1913年)富山県黒部市牧野に生まれる。
  • 昭和元年(1926年)黒部市三日市小学校卒業。
  • 昭和12年(1937年)京都にて鹿子木孟郎に師事。
  • 昭和14年(1939年)第4回京都市展「自画像」出品。
  • 昭和16年(1941年)鹿子木孟郎没後、東京にて鈴木千久馬に学ぶ。
  • 昭和17年(1942年)第2回創元会展「黒部峡谷」入選。
  • 昭和22年(1947年)岡山市文化使節団員として中国訪問。
  • 昭和25年(1950年)第6回日展「自画像」入選。(以後8回入選)
  • 昭和36年(1961年)黒部市展招待出品。(以後毎年出品)
  • 昭和43年(1968年)東京から岡山市に移住。
  • 昭和49年(1974年)Sの会主宰となる。第1回Sの会出品。(以後毎年開催)
  • 昭和60年(1985年)創元会運営委員、審査員となる。
  • 平成元年(1989年)瀬戸大橋完成記念繪はがき制作、年賀はがき制作。
  • 平成3年(1991年)創元会第50周年記念展賞受賞。第51回創元会展努力賞受賞。
  • 平成4年(1992年)岡山県現代洋画選抜展出品。
  • 平成9年(1997年)黒部市美術館にて郷土出身作家「岩井新吉展」開催。[1]
  • 平成13年(2001年)12月、逝去。

作品[編集]

  • 「黒部峡谷」
  • 「自画像」
  • 「本を見るモデル」
  • 「石垣のある風景」
  • 「立山連峯」
  • 「白い花の咲く頃」
  • 「太子の藤」
  • 「竹林」
  • 「コーラス」
  • 「京の思い出」
  • 「S夫人の像」
  • 「湯上がり」
  • 「女流画家の眼」
  • 「第2のアトリエで」
  • 「不動の滝」
  • 「春雪」
  • 「青葉」
  • 「春」
  • 「ら婦」
  • 「モニカ」
  • 「English teacher」

参考文献[編集]

出典[編集]


関連項目[編集]