岡山労災病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岡山労災病院
情報
正式名称 独立行政法人労働者健康安全機構 岡山労災病院
標榜診療科 内科、精神科、心療内科、呼吸器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、皮膚科
許可病床数

363床


一般病床:363床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 独立行政法人労働者健康安全機構
管理者 清水信義(院長)
開設年月日 1955年昭和30年)3月
所在地
702-8055
岡山県岡山市南区築港緑町一丁目10番25号
位置 北緯34度36分16秒
東経133度55分58秒
二次医療圏 県南東部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人労働者健康安全機構 岡山労災病院(どくりつぎょうせいほうじんろうどうしゃけんこうふくしきこう おかやまろうさいびょういん)は、独立行政法人労働者健康安全機構が運営する病院岡山県岡山市南区に位置する。地域医療支援病院の承認を受ける。

沿革[編集]

1955年昭和30年)に岡山労災病院として開院[1]

年表[編集]

診療科[編集]

併設施設[編集]

  • 岡山労災病院 勤労者医療総合センター
  • 岡山労災病院 アスベスト疾患ブロックセンター
  • 岡山労災看護専門学校

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

  • 両備バス : 岡山駅より「上山坂経由宇野」「鉾立」行きに乗車、築港新町下車、徒歩15分。
  • 岡電バス : 岡山駅より「岡山労災病院」行きに乗車、終点で下車または岡山ろうさい病院入口下車。2015年4月1日から病院構内への乗り入れ開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ a b “今年は岡山労災病院が新しく生まれ変わります。”. 山陽新聞 「医療ガイド」 (山陽新聞社). (2013年1月1日). http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/045/c2013012115564550 2013年5月3日閲覧。 
  2. ^ a b “「岡山ろうさい病院」新棟完成 5月1日稼働”. 山陽新聞 「医療ガイド」 (山陽新聞社). (2013年4月21日). http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/045/c2013042110135673 2013年5月3日閲覧。 
  3. ^ “岡山ろうさい病院 新棟オープン 記念座談会”. 山陽新聞 「医療ガイド」 (山陽新聞社). (2013年4月19日). http://iryo.sanyo.oni.co.jp/kikaku/zadankai_20130419/index.html 2013年5月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]