岐阜県道441号濁河温泉線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道岐阜県道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
岐阜県道441号標識
岐阜県道441号
濁河温泉線
御嶽パノラマライン
鈴蘭スカイライン
路線延長 37.890 km[1]
制定年 2017年3月24日
起点 岐阜県下呂市小坂町落合唐谷 濁河温泉
主な
経由都市
下呂市
終点 岐阜県下呂市小坂町 県道下呂小坂線交点
接続する
主な道路
記法
岐阜県道435号御岳山朝日線
岐阜県道437号湯屋温泉線
岐阜県道88号下呂小坂線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
2017年3月までの起点(2007年8月)
県道から望む御嶽山(2002年5月)

岐阜県道441号濁河温泉線(ぎふけんどう441ごう にごりごおんせんせん)[2]は、岐阜県下呂市を通る一般県道御嶽パノラマライン(おんたけパノラマライン)、鈴蘭スカイライン(すずらんスカイライン)の愛称がある。2017年3月24日に起点及び終点が変更されるまでは落合飛騨小坂停車場線[2]

概要[編集]

2017年3月24日に従来の起点から2,200メートル (m) が供用開始され[3][注釈 1]濁河温泉が起点。起点から鈴蘭峠付近までの長い区間にわたって、下呂市(旧益田郡小坂町)と高山市(旧大野郡朝日村)の境界に沿うように尾根直下を非常に曲がりくねって西に進む。この間は、御嶽山が眺望できる。鈴蘭峠付近からは小黒川に沿って下る。同市の落合交差点からは岐阜県道437号湯屋温泉線と重複し、小坂川に沿って北西に進む。国道41号をアンダーパスし、同市の小坂町交差点が終点。

路線データ[編集]

歴史[編集]

県道濁河温泉線の前身は、県道落合飛騨小坂停車場線(整理番号441)である。2017年平成29年)3月24日付け岐阜県告示において県道の路線変更がなされ、整理番号441の路線について、従前の県道落合飛騨小坂停車場線(下呂市小坂町落合 - 飛騨小坂停車場)から県道濁河温泉線へと改められた。この際に起点・終点も変更されて、起点は下呂市小坂町落合から濁河温泉(下呂市小坂町)、終点は飛騨小坂停車場から県道下呂小坂線交点(下呂市小坂町)へと変更されている[2]

落合飛騨小坂停車場線(2017年3月23日まで)の概要[編集]

濁河温泉を下った下呂市小坂町落合にある岐阜県道435号御岳山朝日線交点(位置)が起点。小坂町交差点を過ぎてから左折して県道88号を通り、JR高山本線飛騨小坂駅前が終点。

路線データ[編集]

  • 起点:岐阜県下呂市小坂町落合唐谷
  • 終点:岐阜県下呂市小坂町大島 飛騨小坂停車場
  • 距離:36.228 km[1]

重複区間[編集]

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 鈴蘭スカイライン(下呂市)
  • 御岳パノラマライン(下呂市)
  • 飛騨御岳はなもも街道(下呂市)

重複区間[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

起点の東に御嶽山がそびえる。終点付近に飛騨川木曽川支流)が流れる。

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

国道41号とは岐阜県道88号下呂小坂線を介して接続する。

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 県道435号との重用[1]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]