山登義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山登 義明(やまと よしあき、1948年 - )は、テレビドキュメンタリー番組のディレクタープロデューサー

NHKエンタープライズシニアエグゼクティブプロデューサー。京都大学文学部講師。武蔵野美術大学映像学科非常勤講師。

略歴[編集]

福井県敦賀市生まれ。金沢大学卒業後、NHKに入局。

大阪局に配属後、東京、長崎でディレクターとして番組を制作。東京、広島でチーフプロデューサーとして制作総括。

課外授業 ようこそ先輩」「世界・わが心の旅」「未来潮流」など、主に教育教養系のドキュメンタリー番組を担当する。

2005年、NHKを定年退職し、NHKエンタープライズ入社。現在も盛んに番組を制作している。

また、2007年度まで、京都大学でドキュメンタリー番組制作についての講義を行っていた。

1987年に制作した番組で題材として現在の再評価のきっかけとなった大伴昌司を敬愛しており、大伴に関連するさまざまなイベントへの協力や、大伴についての調査等を行っている。また、大伴を主人公とした映画制作の構想を持っている。

主な担当番組[編集]

他多数。

著書[編集]

  • 『キミちゃんの手紙 ナガサキ被爆女学生の記録』未來社 1985.6
  • 『もう一度、投げたかった 炎のストッパ-津田恒美・最後の闘い』(大古滋久との共著) 日本放送出版協会 1994.11
  • 『テレビ制作入門 企画・取材・編集』平凡社新書 2000.8
  • 冬のソナタから考える 私たちと韓国のあいだ』(高野悦子との共著) 岩波書店 2004.9 - 山登は「冬のソナタ」の特番を3本、製作している。
  • 『ドキュメンタリ-を作る テレビ番組制作・授業と実践』京都大学学術出版会 2006.8
  • 『ドキュメンタリーを作る 2.0: スマホ時代の映像制作』京都大学学術出版会 2016.9

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]