山田英夫 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 英夫(やまだ ひでお、1955年 - )は、日本の経営学者早稲田大学大学院経営管理研究科教授。専門は経営戦略論競争戦略論、ビジネスモデル。

経歴[編集]

1955年東京都生まれ。1978年慶應義塾大学文学部社会学科を卒業後、1981年に同大学院経営管理研究科にてMBAを取得し、同年三菱総合研究所入社。主に大企業の新規事業開発・事業領域策定のコンサルティングに従事する。

1989年より研究者の道へ転じ、1990年早稲田大学ビジネススクール講師1997年同校教授。2003年、早稲田大学より博士(学術)を取得。

社会活動として旧通産省デファクト・スタンダードに関する事例調査委員会」委員長、アステラス製薬NECふくおかフィナンシャルグループサントリーホールディングスなどの社外監査役・社外取締役を歴任する。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『デファクト・スタンダードの経営戦略』(中央公論新社, 1999年)
  • 『デファクト・スタンダードの競争戦略 第2版』(白桃書房, 2008年)
  • 『逆転の競争戦略 第4版』(生産性出版, 2014年)
  • 『異業種に学ぶビジネスモデル』(日本経済新聞出版社, 2014年)
  • 『競争しない競争戦略』(日本経済新聞出版社, 2015年)
  • 『ビジネス版 悪魔の辞典』(日本経済新聞出版社、2016年)
  • 『成功企業に潜むビジネスモデルのルール』(ダイヤモンド社, 2017年)
  • 『マルチプル・ワーカー』(三笠書房, 2018年)
  • 『ビジネス・フレームワークの落とし穴』(光文社, 2019年)

共著[編集]