山田みづえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田 みづえ(やまだ みづえ、1926年7月12日 - 2013年5月18日)は、日本俳人宮城県仙台市生まれ。国語学者山田孝雄の次女[1]。兄に山田忠雄山田英雄山田俊雄がいる。宇治山田高等女学校(現・三重県立宇治山田高等学校)卒業。1957年石田波郷に師事する。俳誌『』を経て、1979年に『木語』を創刊、主宰する。同誌は2004年に終刊した。門下に石田郷子本郷をさむなどがいる。1968年、「梶の花」50句で第14回角川俳句賞、1976年、句集『木語』にて第15回俳人協会賞受賞。他の句集に『忘』『木語』『手甲』『草譜』『昧爽』『中今』などがある。2013年5月18日、老衰のため死去した[2]。86歳没。

著書[編集]

  • 『忘 山田みづえ句集』竹頭社(鶴叢書) 1966年
  • 『木語 句集』牧羊社(精鋭句集シリーズ) 1975年
  • 『山田みづえ集』俳人協会(自註現代俳句シリーズ) 1978年
  • 『手甲』牧羊社(現代俳句選集) 1982年
  • 『忘・不忘』牧羊社(木語叢書) 1982年
  • 『山田みづえ集』牧羊社(自解100句選) 1986年
  • 『草譜 句集』角川書店(現代俳句叢書) 1988年
  • 『天音 鳥のうた 山田みづえ句集』ふらんす堂 1989年
  • 『花双六』本阿弥書店(木語叢書) 1990年
  • 『樹冠 山田みづえ句集』ふらんす堂文庫 1992年
  • 『定本忘』邑書林 1992年
  • 星野立子』牧羊社(鑑賞秀句100句選) 1992年
  • 『山田みづえ 自選三百句』春陽堂書店(俳句文庫) 1992年
  • 『煙霞抄 山田みづえ句集』ふらんす堂 1994年
  • 『榲桲 句集』牧羊社 1994年
  • 『まるめろ 句集』邑書林 1995年
  • 『木思石語 昭和編』邑書林(木語叢書) 1995年
  • 『定本木語』邑書林(木語叢書) 1996年
  • 『野山』飯塚書店(俳句創作百科) 1997年
  • 『山田みづえ』花神社(「木語」叢書) 1997年
  • 『手甲 山田みづえ句集』邑書林句集文庫 1998年
  • 『現代俳句鑑賞全集 第28巻 山田みづえ篇』東京四季出版 1999年
  • 『昧爽 句集』紅書房(木語叢書) 1999年
  • 『季語別山田みづえ句集』ふらんす堂 2001年
  • 『風のこゑ 次女ものがたり』邑書林 2005年
  • 『中今 句集』角川書店 2005年

編著

  • 『言はでもの事 相生垣瓜人文集』編 東京美術 1986年
  • 『石田波郷』編著 蝸牛社(蝸牛俳句文庫) 1994年

脚注[編集]

  1. ^ 阿部次郎記念館(仙台市青葉区)に、孝雄・みづえ親子の句碑がある(「山田孝雄・山田みづえ親子句碑」 阿部次郎記念館のご紹介、2008年11月18日)。
  2. ^ 俳人の山田みづえさん死去 産経新聞 2013年5月27日閲覧

外部リンク[編集]