山本昌樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 昌樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県
生年月日 1954年
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 昌樹(やまもと まさき)は、日本の元アマチュア野球選手である。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

鳥取西高校では、エースとして活躍し、1971年夏の甲子園予選東中国大会準決勝に進むが、岡山東商のエースのケネス・ハワード・ライトと投げ合った末に敗れた。速球派右腕投手として注目され、同年のドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名されたが入団を拒否[1]。高校同期に浜納一志がいた。

高校卒業後は松下電器に入社。1972年産業対抗では福間納に次ぐエースとして活躍し、準決勝に進むが鐘淵化学井本隆に完封負けを喫する[2][3]。同年のドラフト会議読売ジャイアンツから10位指名されたが入団を拒否[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去のドラフト 第7回(1971年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1972」日本社会人野球協会 1973年
  3. ^ 巨人のドラフト指名を蹴ったのは34名 1位を拒否した愛知の大学生投手も”. www.dailyshincho.jp. 2020年9月9日閲覧。
  4. ^ 過去のドラフト 第8回(1972年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月25日閲覧。

関連項目[編集]