横山忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山 忠夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道網走市
生年月日 (1950-01-04) 1950年1月4日(69歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト1位
初出場 1972年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 忠夫(よこやま ただお、1950年1月4日 - )は、読売ジャイアンツロッテオリオンズに所属した北海道出身の元プロ野球選手(投手)である。1972年にプロ入りし、1978年限りで現役を引退した。

来歴・人物[編集]

網走南ヶ丘高校では、エースとして1966年秋季北海道大会決勝に進出。札幌光星高に敗れ準優勝にとどまる。翌1967年夏の甲子園に出場。1回戦で大分商河原明と投げ合うが、12安打を喫し0-8で大敗[1]。同年秋、サンケイアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)からドラフト6位で指名されるも入団を拒否し、翌年立教大学に進学した。

同大学の硬式野球部ではエースとして活躍。東京六大学リーグでは優勝に届かず、1971年秋季リーグの3位が最高であった。1970年秋季リーグの東大との2回戦で、ノーヒット・ノーランを達成している。リーグ通算57試合に登板、16勝26敗、防御率2.91、168奪三振を記録した。1年上のチームメートに外野手望月充がいた。

 現在は立教大学野球部の同窓会長も務めている。

右の本格派として期待され、1971年秋のドラフト1位指名で東京読売巨人軍(読売ジャイアンツ)に入団。1年目から先発として起用されるが1勝3敗に終わる。1974年10月14日に行われた立大、巨人を通じての先輩である長嶋茂雄の現役最終試合(後楽園球場、対中日ドラゴンズダブルヘッダー第2試合)では、試合の最後を締める登板を果たす。長嶋が監督に就任した1975年には、フォークボールを武器に阪神タイガース戦で2度完封勝利を記録するなど、シーズン8勝を挙げ堀内恒夫に次ぐ2番手投手に躍り出た。オーバースローからシュート、カーブ、フォークを武器とした。

だが、チームは球団史上初の最下位に終わった。

その時の投手陣10名は毎年会(サイカイ)を開いている。

翌年は不本意な成績に終わり、1977年は一度も一軍に上がる事ができなかった。同年オフ、巨人から戦力外通告を受けロッテオリオンズへ移籍。しかし翌1978年は僅か5試合の登板に留まり、シーズン終了後に引退した。

引退後は、「銀座木屋」うどん店で3年間修行し[2]、母校である立教大学池袋キャンパスの近くで「立山」といううどん店を独立開業して、現在に至る(店名の由来は自身の姓の捩り。本人曰く「“横”は商売上縁起が悪い文字だから」)[3][4]

作家の伊集院静とは立教大学の野球部の同期であり友人同士で、現在も親交がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 巨人 10 5 0 0 0 1 3 -- -- .250 135 28.2 34 3 13 1 2 11 3 0 16 12 3.72 1.64
1973 10 1 0 0 0 2 1 -- -- .667 101 21.0 25 4 15 0 0 11 2 0 17 14 6.00 1.90
1974 6 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 12.0 13 2 3 0 1 5 0 0 8 7 5.25 1.33
1975 25 21 7 2 1 8 7 0 -- .533 568 140.1 122 16 38 0 3 73 6 0 59 53 3.41 1.14
1976 14 6 0 0 0 1 4 0 -- .200 187 38.1 51 4 27 1 3 21 2 0 35 30 7.11 2.03
1978 ロッテ 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 89 17.1 21 8 16 0 1 8 1 0 24 17 9.00 2.13
通算:6年 70 34 7 2 1 12 15 0 -- .444 1131 257.2 266 37 112 2 10 129 14 0 159 133 4.64 1.47

背番号[編集]

  • 15 (1972年 - 1977年)
  • 28 (1978年)

脚注[編集]

関連項目[編集]