山川徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山川 徹(やまかわとおる、1977年 - )は、日本のルポライターノンフィクション作家である。

概要[編集]

山形県上山市出身。東北学院大学法学部國學院大學文学部2部卒業。

在学中より『別冊東北学』(作品社)の編集に携わり、大学卒業後にフリーライターとなる。2007、08年には北西太平洋の調査捕鯨に同行。捕鯨に携わる若者たちや、ラグビーなどの取材を続け、各誌に様々なルポルタージュを発表している。

2006年山形新聞の夕刊文化欄にて1年間、「離れて思う故郷」を連載。首都圏で生きる山形県出身者60人の歩みを描いた。2008年、大幅改稿のうえ、同名の単行本として荒蝦夷より刊行された。

作品リスト[編集]