山崎覚次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山崎覚次郎

山崎 覚次郎(やまざき かくじろう、慶応4年6月15日1868年8月3日) - 昭和20年(1945年6月28日)は日本の経済学者。法学博士。貨幣論、金融論を研究。

経歴[編集]

静岡県掛川に父・徳次郎の長男として生まれる。冀北学舎を経て、明治22年(1889年東京帝国大学政治科卒業、大学院で研究する。東京帝大法科助教授、経済学部教授等を歴任し、のち経済学部長。社会政策学会で指導的役割をはたし、退官後は中央大学教授、日銀顧問、金融学会初代理事会長をつとめた。1913年(大正2年)5月29日、帝国学士院会員となる[1]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『貨幣銀行問題一斑』
  • 『限界効用学説史』など

りる

親族[編集]

千代は法学博士桑田熊蔵の妹。四男英吉の富美子は日本商工会議所会頭、王子製紙社長等を歴任した足立正の次女。六男徳郎は静岡大学文理学部助教授を経て教育学部教授。徳郎の妻は、文部大臣一木喜徳郎の孫娘尾崎孝子。桑田熊蔵の娘、二葉は英吉、徳郎の従姉妹にあたる。二葉は、自民党町村派領袖の町村信孝の母。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第249号、大正2年5月30日。
  2. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。
  3. ^ 『官報』第290号「叙任及辞令」1927年12月15日。

外部リンク[編集]


先代:
(初代)
日本金融学会会長
初代:1944年 - 1950年
次代:
結城豊太郎