桑田熊蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田熊蔵

桑田 熊蔵(くわた くまぞう、1868年12月30日明治元年11月17日) - 1932年昭和7年)12月10日)は、日本法学者学位法学博士貴族院多額納税者議員工場法実現のために尽力した。

経歴[編集]

現在の鳥取県倉吉市に大地主・桑田藤十郎の長男として生まれる。明治26年(1893年帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)卒業。さらに大学院に進み、労働問題を専攻する。留学から帰国後同志とともに社会政策学会を起こし、その中心となり活躍した。大正9年(1920年中央大学教授、昭和5年(1930年)中央大学経済学部長、貴族院議員(1904年9月29日就任[1])等を歴任。

栄典・授章・授賞[編集]

外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『欧洲労働問題の大勢』有斐閣 1899
  • 『工業経済論』有斐閣 1907
  • 『工場法と労働保険』隆文館 最近経済問題 1908
  • 『欧洲最近の社会問題』有斐閣書房 1917
  • 『欧洲戦後の社会運動』有斐閣 1923
  • 『法学博士桑田熊蔵遺稿集』桑田一夫編 桑田一夫 1934
    • 『法学博士桑田熊蔵遺稿集 伝記・桑田熊蔵』桑田一夫編 大空社 伝記叢書 1989
監修
  • 『すぐ頭に入る刑法精解』監修 一心社 1936
  • 『すぐ頭に入る民法精解』監修 一心社 1936
  • 『新会社法精解』監修 テンセン社 1938

親族[編集]

娘・二葉は官僚、政治家の町村金五に嫁いだ。金五の次男が官僚、政治家の町村信孝である。もう一人の娘・千枝子は、河合良成に嫁し、良一の母。

弟は東大教授の桑田芳蔵、阪大教授の桑田六郎

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6377号、明治37年9月30日。
  2. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。
  3. ^ 『官報』第1299号「叙任及辞令」1916年11月30日。

外部リンク[編集]