山崎治祇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
山崎治祇

山崎 治祇(やまざき はるよし、安政2年4月12日1855年5月27日)- 明治42年(1909年12月5日)は、備中国成羽藩の第2代藩主。父は初代藩主・山崎治正(治祇は長男)。母は細川行芬の娘。官位は従五位下。志摩守。幼名は寿丸。

明治2年(1869年)正月晦日、父治正の隠居により、家督を継ぐ。同年2月8日、従五位下志摩守に叙任する。同年6月23日、版籍奉還により藩知事となる。同年7月4日、明治天皇に拝謁する。明治4年(1871年)4月10日、藩知事を辞職する。同年4月12日、隠居し、弟の山崎治敏に家督を譲った。明治42年(1909年)12月5日に55歳で死去した。