山崎朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「山﨑朗」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山﨑 朗(やまさき あきら、1957年5月11日[1]- )は、日本の経済学者中央大学経済学部教授、経済学博士。専門は経済地理学、産業経済論、地域政策論、産業政策論、産業クラスター論、国土計画

経歴[編集]

佐賀県唐津市生まれ。1981年京都大学工学部合成化学科卒業、1986年九州大学大学院経済学研究科博士課程満期退学、2000年「産業集積と立地分析」で九大経済学博士。九州大学助手、1987年フェリス女学院大学講師、1990年滋賀大学経済学部助教授、九州大学経済学部助教授、同教授を経て、2005年より中央大学大学院経済学研究科教授。

経済地理学会評議員、産業学会理事、日本経済政策学会会員、産業構造審議会委員、経済産業省地域産業政策懇談会委員、国土構造審議会委員、国土交通省地方中枢都市研究会委員、日本地域開発センター評議員等を歴任。

1999年には東洋経済高橋亀吉賞受賞。

著作[編集]

  • 『日本の国土計画と地域開発―ハイ・モビリティ対応の経済発展と空間構造』東洋経済新報社、1998年 ISBN 9784492392805
  • 『産業集積と立地分析』大明堂、1999年 ISBN 9784470500604
  • 『半導体クラスターのイノベーション―日中韓台の競争と連携』中央経済社、2008年

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年