山口県道・広島県道117号乙瀬小方線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
山口県道117号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
広島県道117号標識
山口県道・広島県道117号
乙瀬小方線
制定年 1960年
起点 山口県岩国市小瀬
終点 広島県大竹市小方1丁目
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

山口県道・広島県道117号乙瀬小方線(やまぐちけんどう・ひろしまけんどう117ごう おとぜおがたせん)は山口県岩国市小瀬と広島県大竹市小方1丁目を結ぶ一般県道である。

沿革[編集]

通過する自治体[編集]

  • 山口県
    • 岩国市
  • 広島県
    • 大竹市

地理[編集]

沿線の主要施設[編集]

  • 大竹市役所

沿線の自然景観[編集]

沿線の名所・旧跡・観光地[編集]

主な橋梁[編集]

  • 乙瀬橋(岩国市小瀬 - 大竹市穂仁原〔おにはら〕間、小瀬川)
  • 御園大橋(大竹市御園2丁目)
  • 新町陸橋(大竹市御園2丁目 - 大竹市小方1丁目間、JR山陽本線

接続道路[編集]

  • 山口県道135号北中山岩国線(岩国市小瀬〔起点〕)
  • 国道186号(大竹市穂仁原)
  • 国道186号(大竹市小方町小方)
  • 国道2号(国道433号重用、大竹市小方1丁目・新町陸橋南交差点〔終点〕)

重用区間[編集]

  • 国道186号(大竹市穂仁原 - 大竹市小方町小方間)

備考[編集]

  • 山口県側の延長が数十mしかない。
  • 国道186号との重用が終わり、再度単独区間に入る部分(大竹市小方町小方)は狭いので注意が必要である。

関連項目[編集]