亀居城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
亀居城
広島県
Kamei Castle 01.jpg
別名 小方城
城郭構造 平山城
天守構造 詳細不明
築城主 福島正則
築城年 慶長13年(1608年
主な城主 福島氏
廃城年 慶長16年(1611年
遺構 天守台、曲輪、石垣、土塁、堀切、井戸
指定文化財 市史跡
位置 北緯34度14分25.5秒
東経132度12分58.4秒

亀居城(かめいじょう)は広島県大竹市にある日本の城跡。

概要[編集]

1600年関ヶ原の戦いの後に、安芸国を与えられた福島正則長門国周防国に減封された毛利氏への押さえとして、山陽道を城内に取り入れて造られた平山城大竹市指定史跡。

歴史・沿革[編集]

1600年関ヶ原の戦いの後、福島正則安芸国へと移封され、広島城に入った。関ヶ原の戦いに敗れたとはいえ、毛利氏長門国周防国36万石を領し、徳川と豊臣の争いもまだ決着を見ていない不穏な状況であった。そのため毛利氏の上方への侵攻を防ぐために安芸国西部に城を造ることとなった。1603年に山陽道を押さえる要地に築城が開始され。5年もの歳月をかけて、非常に巨大な堅城として完成した。城主になる予定だった福島正則の甥・福島正宣は前年に死去しており、山田小右衛門と森佐助の両名が城代として亀居城に入った。

豊臣氏徳川氏の軍事的衝突の危機が高まると豊臣恩顧の福島氏への徳川氏の圧力が非常に強くなり、正則は徳川氏の意向に従うこととなった。結局、亀居城は完成よりわずか3年後の1611年に破却され、その役目を終えた。天守や主要な建造物は撤去されたが、城地はそのまま荒れるに任され草木に埋もれていった。しかし1977年に発掘調査がなされ、徐々に修復が進み亀居公園として整備され、現在はの名所として市民に親しまれている。

構造[編集]

標高88メートルの山上に築かれた平山城で、築城当時は本丸、二の丸、三の丸、有の丸等の郭を備え、江戸時代の資料に拠るとその面積は10ヘクタールに及んだとされる。現在は海から多少離れた位置にあるが、築城当時は海に面して港を備え、山陽道を城内に取り込む構造となっていた。その築城手法は朝鮮出兵時の倭城と共通点がある。

広島城の支城としては、非常に巨大な堅城であったため、それが徳川家康の疑念を招き、福島氏の没落の一因となったのである。

所在地[編集]

広島県大竹市小方

参考図書[編集]

  • 『歴史群像No.45戦国の堅城 毛利を封じ込める水陸両用城郭 芸州 亀居城』学習研究社、2001年

関連項目[編集]