小野川秀美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野川 秀美(おのがわ ひでみ、1909年8月21日 - 1980年7月20日)は日本の文学博士、東洋史学者。

生涯[編集]

高知県安芸郡生まれ。高知県立高知城北中学校、高知高等学校文科乙類、を経て、京都帝国大学文学部史学科入学。東方文化研究所嘱託員を経て、1940年(昭和15年)、東方文化研究所(現京都大学人文科学研究所)助手就任。1951年(昭和26年)に京都大学人文科学研究所助教授。1961年(昭和36年)文学博士授与。論文の題は「清末政治思想研究」[1]。 1965年(昭和40年)に同教授に就任する。定年によって京都大学を退官、同大名誉教授の称号を授与される。1973年(昭和48年)奈良大学文学部教授。1980年(昭和55年)奈良大学を定年退職し、4ヶ月後の7月20日に死去。70歳没。

略歴[編集]

  • 1909年8月 : 高知県安芸郡に生まれる
  • 1929年4月 : 京都帝国大学文学部史学科入学
  • 1940年12月 : 京都大学人文科学研究所助手
  • 1951年6月 : 京都大学人文科学研究所助教授
  • 1960年3月 : 『清末政治思想研究』(東洋史研究会 東洋史研究叢刊8)刊行
  • 1960年 - 1962年 : 『金史語彙集成』(京都大学人文科学研究所
  • 1961年12月 : 文学博士授与
  • 1965年7月 : 京都大学人文科学研究所教授
  • 1969年1月 『清末政治思想研究・増補版』(みすず書房)刊行
  • 1969年7月 : 『孫文・毛沢東』(中央公論社 世界の名著64)刊行
  • 1970年 - 1972年 : 『民報索引』(京都大学人文科学研究所)刊行
  • 1971年 - 1976年 : 『宮崎滔天全集』(平凡社)刊行
  • 1978年1月 : 『辛亥革命の研究』(島田虔次と共編 筑摩書房)刊行
  • 1980年7月 : 逝去
  • 1982年5月 : 『晩清政治思想研究』(V 『清末政治思想研究』の中国語訳 台北 時報文化出版事業)刊行
  • 2009年 - 2010年 : 『清末政治思想研究』(平凡社 東洋文庫791,793)刊行

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる