小野寺龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野寺 龍太(おのでら りゅうた、1945年 - )は、日本の工学者、歴史家、九州大学名誉教授。

略歴[編集]

福岡県生まれ。福岡県立修猷館高等学校卒業。1967年九州大学工学部鉄鋼冶金学科卒業。1972年同大学院工学研究科博士後期課程単位修得退学。1977年工学博士。九州大学工学部材料工学科助手、助教授、教授を経て、2005年退職、名誉教授。1975年九大助手時代に第2回「私の正論」(産経新聞社)受賞。退職後は日本近代史、特に幕末期の幕臣の事績を調べている[1]。祖父は久留米大学学長を務めた医学者小野寺直助

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『愚劣の軌跡』著者紹介