小谷口直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小谷口直子
出身地 日本兵庫県
学歴 ウィーン国立音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 クラリネット奏者 大学講師
担当楽器 クラリネット

小谷口 直子(こたにぐち なおこ)は、兵庫県生まれのクラリネット奏者である。[1][2]

兵庫県立兵庫高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部卒業。同大学大学院修士課程修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてウィーン国立音楽大学に留学。[1][2]

これまでに、クラリネットを藤井一男、村井祐児山本正治川畑真一J.ヒンドラーG.パッヒンガーに、室内楽をG.ポコルニー、A.クユムジャンに師事。[1][2]

現在、京都市交響楽団 首席奏者。オーケストラ活動の他、ソロリサイタルや室内楽公演、各地でのアウトリーチ活動等、全国で幅広い活動をしている。京都市立芸術大学同志社女子大学華頂女子高等学校非常勤講師。[1][2]

賞歴[編集]

2001年、第12回日本木管コンクール・クラリネット部門で第2位(1位は外国人)。

2002年、第14回宝塚ベガ音楽コンクール・木管楽器部門で第1位。

第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門で第1位。併せて、増沢賞(全部門の入賞者の中から最も印象的な演奏・作品に贈られる賞、管楽器奏者の受賞はコンクール史上初)、E.ナカミチ賞を受賞。新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。

2011年京都市芸術新人賞を受賞。

2012年神戸市文化奨励賞を受賞。[1][2]

主な出演[編集]

2005年、『2005国際クラリネットフェスト』に出演。「完成された名演!流麗かつ陰翳礼賛的な武満には特に感動した」(C・フォーコンプレ:フランス国立リール管弦楽団首席)を始め、多くの海外招聘アーティストから大賛辞を受けた。[1][2]

2007年、東京芸術大学創立120周年記念演奏会に卒業生を代表してソリスト出演。また、(財)地域創造の『平成20〜21年度 公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト』に選出され、演奏会に加えアウトリーチ活動を各地で展開。[1][2]

2009年、『第25回〈東京の夏〉音楽祭2009』「日本の若き実力」にソリスト出演。また、『B→C バッハからコンテンポラリーへ』 シリーズで、東京オペラシティ初リサイタルを行った。[1][2]

このほか、全国主要オーケストラ・吹奏楽団体からの招きにより多数のソリスト協演、各種コンクールの審査員や、NHKNHK-BSNHK-FMへの出演、協演CDリリース、音楽専門雑誌での対談などメディアへの露出も多い。[2]

CDリリース[編集]

2014年、CD「A.ウール/クラリネットのための48の練習曲」(ALM Records)をリリース。世界初録音。ベルリン・フィル首席クラリネット奏者 ヴェンツェル・フックスが絶賛し話題となり、amazonでは発売前に初回プレスが予約完売した。[2]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]