小浜景隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小浜 景隆(おはま かげたか、天文9年(1540年) - 慶長2年9月7日1597年10月17日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての海賊志摩国出身で、後に武田信玄徳川家康に仕えた水軍の将である。子に光隆。通称は民部左衛門。

生涯[編集]

小浜衆は現在の鳥羽市小浜に本拠を置き、伊勢湾に勢力を持っていた海賊の頭目で、伊勢国司北畠家に属した。景隆は大型の軍船である安宅船を持ち、北畠家の海賊衆を束ねていたが、織田信長の援助を受けて志摩国統一を狙う九鬼嘉隆に敗れ、伊勢湾を追われた。 元亀2年(1571年)、武田水軍創設にあたって武田信玄の家臣・土屋貞綱に招聘され、信玄の家臣として仕える。安宅船1艘、小舟15艘持の船大将となる。信玄没後は武田勝頼に仕えた。 天正10年(1582年)3月に武田氏が滅亡すると、徳川家康の船大将として仕え、駿河国内で1,500石与えられた。その後は向井正綱間宮高則とらとともに本多重次の指揮下にあって水陸両戦に活躍し、特に小牧・長久手の戦いでは海上から羽柴秀吉を苦しめた。天正18年の家康の関東移封後は相模上総で3,000石を与えられるとともに、江戸湾への入口である相模国三浦郡三崎(現在の神奈川県三浦市)に駐屯し、三崎四人衆の筆頭として、向井氏間宮氏千賀氏とともに重きをなした。向井正綱の知行地が二〇〇〇石であるから、小浜景隆は三崎衆の筆頭として迎えられたとみてよい。ところが景隆は三崎四人衆の中で最も早く没し、関ヶ原戦に参戦したのは子光隆である。小浜景隆の三崎邸は、旧三崎城主北条氏規の家臣・南条因幡守昌治の邸址で、現在の曹洞宗本瑞寺が建つ地と伝える[1]。慶長2年(1597年)に死去。享年58。

=== 小浜景隆の子光隆 ===
将軍秀忠は元和五年(1619)、大坂を直轄地とし大坂城代・大坂町奉行を置くと、翌6年、幕府直属の大坂船奉行を新設し、小浜光隆が初代大坂船奉行として三浦三崎から転出した。細川忠興書状に「西国之舩かしら」とあるように、西国の海上軍事に関わる一切の監察役として移住したのである。以後、小浜氏は数代にわたりこの職を襲職し、船手役が廃職となるまで大坂湾や西国方面の海上軍事を担っている。小浜光隆が起用されたのは、海上軍事官僚として相応しい技量を持ち、慶長14年の西国大名の大船没収の際、九鬼守隆とともに奉行として淡路に赴き、諸大名と接触したという経験があったからであろう[2]

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  1. ^ 鈴木かほる『史料が語る向井水軍とその周辺』新潮社図書編集室 2014年 168頁
  2. ^ 鈴木かほる『史料が語る向井水軍とその周辺』新潮社図書編集室 2014年 169頁