小林常良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 常良
こばやし つねよし
生年月日 (1949-04-28) 1949年4月28日(69歳)
出生地 日本の旗 神奈川県厚木市
出身校 日本大学農獣医学部農工学科
前職 神奈川県議会議員
現職 神奈川県厚木市長
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 厚木市長 小林つねよし オフィシャルページ

当選回数 4回
在任期間 2007年2月23日 - 現職

選挙区 厚木市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2003年4月30日 - 2007年

当選回数 3回
在任期間 1991年 - 2003年
テンプレートを表示

小林 常良(こばやし つねよし、1949年4月28日 - )は、日本政治家神奈川県厚木市長(4期)。神奈川県議会議員(1期)、厚木市議会議員(3期)を務めた。

概要[編集]

神奈川県厚木市生まれ。厚木市立依知小学校、厚木市立依知中学校、神奈川県立中央農業高等学校日本大学農獣医学部農工学科卒業。1972年、厚木市役所に入庁した[1]

1991年8月、厚木市議会議員選挙に出馬し、初当選。2003年まで3期12年務める。2003年神奈川県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、当選。

2007年、県議を1期目の任期途中で辞職。前市長の山口巌雄の多選(4選)を阻止すべく、自民党を離党し、同年1月28日に行われた厚木市長選挙に無所属で出馬し、初当選した[2]

2011年の市長選挙では、元厚木市議会議長の石射正英を約8千票差で破り、再選。

2015年の市長選挙も石射との再戦となり、約4千票差まで迫られるものの、3選。同年12月、市長の任期を3期12年までとする多選自粛条例を制定[3]

多選自粛条例を自ら制定した小林であるが、「やる仕事がまだいっぱいある」として2018年12月5日、4選出馬を表明した[4]。2019年2月17日の市長選で、3度目の挑戦となる石射(自民党推薦)、元県議の佐藤知一(神奈川ネット推薦)らを破り4選した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
山口巌雄
Flag of Atsugi, Kanagawa.svg 神奈川県厚木市長
第5代:2007年 -
次代:
(現職)