小川千甕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 千甕(おがわ せんよう、1882年10月3日 - 1971年2月8日)は、京都市出身の仏画師・洋画家・漫画家・日本画家。本名は小川多三郎。

人物[編集]

京都に生まれる。15歳で仏画師・北村敬重の徒弟となり日本画を学ぶ[1]。一方で20歳の時には洋画家浅井忠に師事し、洋画を学ぶ[2]。24歳からは雑誌『ホトトギス」』の挿絵なども手掛ける[3]京都市立陶磁器試験場の技手として絵付けに従事する[4]。28歳で東京に移り、『ホトトギス』『太陽』などに挿絵漫画を発表し、人気を得る。

1913年(大正2年)から1914年(大正3年)にはヨーロッパに遊学し、帰国後は仁科展に油彩画を発表する[5]。その後、日本画家の平福百穂の主催する日本画グループである珊瑚会に参加すると日本画へ移行し、1921年(大正10年)には院展に日本画を出展している[6]。自由な表現できる日本画である「南画」を追求。多くの作品を発表し、戦後にかけて文人への憧れから「詩書画」を多く手掛けるようになる[7]

1916年(大正6年)には山梨県東八代郡境川村(現・山梨県笛吹市境川町小黒坂)出身の俳人・飯田蛇笏(いいだ だこつ)が排誌雲母』を創刊する[8]。小川は『雲母』の表紙絵を手がけており、1915年(大正5年)3月には『ホトトギス』同人の高浜虚子らが「甲州吟行」を行うと、蛇笏ら山梨県の俳人が一行を案内しており、この甲州吟行には平福や小川も参加している[9]。小川は1928年(昭和3年)にも山梨県を旅行しており、甲府近郊の御岳昇仙峡を訪れ、甲府・長禅寺における句会にも参加し、その際の様子を《甲州紀行画巻》として描いている[10]

画帖[編集]

歿後の展覧会[編集]

  • 小川千甕展 縦横無尽に生きる―彼は仏画師・洋画家・漫画家・日本画家だった。(福島県立美術館:2014年10月11日〜11月24日[13]、泉屋博古館分館:2015年3月7日~5月10日)、京都府立京都文化博物館:2015年12月8日〜2016年1月31日[14]
  • 小川千甕、再び―池上百竹亭コレクション(松本市美術館、2016年9月27日〜 2017年1月9日)[15]

脚注[編集]

  1. ^ 井澤(2003)、p.27
  2. ^ 井澤(2003)、p.27
  3. ^ 井澤(2003)、p.27
  4. ^ 井澤(2003)、p.27
  5. ^ 井澤(2003)、p.27
  6. ^ 井澤(2003)、p.27
  7. ^ 井澤(2003)、pp.27 - 28
  8. ^ 井澤(2003)、p.34
  9. ^ 井澤(2003)、pp.34 - 35
  10. ^ 井澤(2003)、p.35
  11. ^ 『西遊画帖』上・下(1914年)国立美術館所蔵作品総合目録検索システム
  12. ^ 『東京写生画帖』其の一、其の二(1917年)国立美術館所蔵作品総合目録検索システム
  13. ^ 福島県立美術館>過去の企画展:2014年度
  14. ^ 京都府立京都文化博物館>特別展
  15. ^ 松本市美術館>展覧会情報>コレクション展

参考文献[編集]

  • 井澤英理子「珊瑚会の活動に見る大正期日本画の一様相」『山梨県立美術館 研究紀要 第17号』山梨県立美術館、2003年
  • 「小川千甕の画迹」刊行会編『小川千甕の画迹』(平成柳枝軒、2012年12月)
  • 小川千甕展実行委員会編『縦横無尽 - 小川千甕という生き方』(求龍堂、2014年10月)ISBN 978-4-7630-1443-6 C0071

外部リンク[編集]