小嶋淳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小嶋 淳司(こじま あつし、1935年7月16日[1] - )は、がんこフードサービスの創業者、現会長和歌山県西牟婁郡上富田町生まれ。和歌山県立田辺高校同志社大学経済学部卒業。

高校時代より家業の雑貨屋『こじま』(紀勢本線朝来駅前)をきりもりする。大学を卒業後、寿司屋で修行した後、1963年に大阪・十三で4坪半の「がんこ寿司」を開店。1969年(昭和44年)に法人設立 社長に就任、以後は同社を外食産業チェーンに育て上げる。2005年(平成17年)会長に就任。

店名の「がんこ」は、自身の学生時代からのあだ名より付けられた。著書に『儲かってまっか! がんこ流人育て心得帖』 (ISBN 4822219526) がある。

2006年より2年間、関西経済同友会の代表幹事をつとめた。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.217


先代:
森下俊三
関西経済同友会代表幹事
2006年度 - 2007年度
次代:
齊藤紀彦