小島佑司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島佑司(こじまゆうじ、1989年5月6日 )は、元クロスカントリースキー選手[1]。株式会社セルビスタ代表取締役。日本初のシニア向け4支点運動スティックサイズ開発者[2][3]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1989年5月6日、新潟県妙高市生まれ[4] 小学校の校長先生だった祖父の英才教育で、5歳から往復10kmの早朝山間走・将棋・暗算などを行っていた事が、渋沢栄一財団の発行する「青淵」内で掲載されている。[5]

電車で旅に出ることが好きで、6歳の時には(妙高高原ー名古屋)間を親不在で旅している。小学校時代は、野球、スキー、水泳、陸上、将棋などの、5つの習い事を行なっていた[6] [7]

中学校時代 [編集]

新潟県立町立妙高中学校(現、妙高高原中学校)[8]に入学し、多数の五輪選手を輩出する名門スキー部へ入部。同級生にはHIKAKIN、先輩にはSEIKINがいる。 

全国大会優勝の夢を掲げるも中学1年生の県大会では大惨敗し、悔しさのあまり自分で修行を行った。[9]

人生を変えた700日の修行[編集]

修行は「技術」「肉体改造」「知識」の3方向で実施したと語られている。[10]

「技術」

新潟県妙高市は、数多くの五輪選手を輩出するスキーの聖地である。(妙高高原町) 世界大会を経験している近所の先輩に、スキー技術の嘆願を行った。[11]

「肉体改造」

部活だけのトレーニングでは足りない為、朝と夜に自主トレーニングを実施する。 朝は、標高差300m往復10kmのランニングを行った。 学校生活では、学生服の下にアンクルバンド(1.5㎏)を左右脚に付けて生活し 夜は、勉強40分と筋トレ20分の2セットを実施した。 就寝前は、自己啓発と柔軟運動の為、NHKのプロジェクトXや録画した箱根駅伝等を見ながら60分間のストレッチを実施した。 このような生活を中学生時代に700日間行った。 このエピソードは講演会内で語られている。小島講演会

「知識」

スポーツ生理学・栄養学・心理学・バイオメカニクスの本を読み込み、当時からトレーニング計画やゾーンの入り方など、セルフコーチングを行った。 授業中も先生が黒板に字を書く間は勿体ないので、自分の好きな勉強をしてから、黒板をノートに書き写し学習していたなどのエピソードがある。[動画]

高校時代[編集]

名門新井高校スキー部に入部。[12]トレーニングの一環で4月〜10月までは、往復50km標高差500mの道のりを自転車通学していた。 前年度インターハイリレー優勝校の主将として、3年時は高校生スポーツの取材を受けている。[13]

大学時代[編集]

日本大学文理学部体育学科に進学する。[14] 大学1年生で、全日本学生チャンピオン大会30kmクラシカル競技で優勝。[15]その時に使用していた道具が、ゴミ箱から拾ってきた16年前のストックと10年前のスキー板、使用するワックスがたったの3種類であったことが話題となりメディアに出演。[16]競技資金不足の為、旅館に住み込みバイトをしながら日本選手権に参戦するなど、平成生まれとは思えない人間性が話題を呼んだ。[17] 祖父の教育から文武両道の精神を大切にしており、学業としては「高強度運動後の疲労回復法の検討」という題目で卒業論文発表している。[18] 大学4年時の全日本学生チャンピオン大会でも優勝し、大学生時代でスキー日本一に2度輝いた。[19]

独立 チーム小島設立(個人事業主)[編集]

年間500万円の競技資金が必要な中、スポンサーをつけて夢を追いかける挑戦をスタートするも、支援企業が1社も集まらず、ついには貯金13円となる。[20] マイナースポーツアスリートのスポンサー獲得の先駆者である、岩田一美氏のアドバイスを受ける。[21] マイナースポーツ競技者がマネジメント会社を付けずに、3ヶ月で550万円の競技資金を集めた事例は少なく、人物と活動がメディアから注目された。[22][23][24]

フランスクラブチームに所属 [編集]

フランスのスキークラブチーム、La Feclazに所属する。[25] アスリートとしてヨーロッパ選手権に出場し、本場フランスでコーチングやクラブ経営を学ぶ。

アスリート引退後 上京[編集]

アスリート時代に、NSCA CSCS [26] を取得し上京後は、パーソナルトレーナーとして活動。

起業 ジムオープン[編集]

2018年7月10日、株式会社セルビスタを創業。[27]

2019年1月17日、日本初となるシニア向け4支点運動専門店「スティックサイズ 大和郷本店」[28]を、東京都文京区本駒込6丁目に構える。

アスリート戦績[編集]

クロスカントリースキー[編集]

2005年:ジュニアオリンピック10kmクラシカル優勝

2006年:全国高校生選抜スキー大会4位

2007年:インターハイ・リレー競技優勝

2008年:全国高校選抜スキー大会5位

2009年:全日本学生チャンピオン大会30km優勝、日本選手権チームスプリント2位

2010年:全日本学生チャンピオン大会10km4位、日本選手権15kmクラシカル12位

2011年:全日本学生チャンピオン大会15km9位、インカレ10kmクラシカル2位

2012年:全日本学生チャンピオン大会1.4km優勝、日本選手権50kmフリー15位

2013年:日本選手権スプリント19位、50kmクラシカル6位

2014年:日本選手権スプリント6位、国民体育大会10kmクラシカル19位

2015年:宮様国際スキー大会10kmクラシカル12位、日本選手権50kmクラシカル41位

2016年:フランス選手権15kmクラシカル19位、1.5kmスプリントフリー29位 ヨーロッパ選手権15kmクラシカル42位、15kmフリー44位

ローラースキー[編集]

2013年:全日本選抜大会・山口大会優勝、岐阜大会2位

2014年:全日本選抜大会・富山大会優勝、 全日本選手権7位

2015年:全日本選抜大会・富山大会優勝、岐阜大会3位

トライアスロン[編集]

2012年:村上笹川流れ国際トライアスロン年代別優勝

リザルトの参考サイト

メディア出演[編集]

テレビ [編集]

番組:テレビ新潟「キラ☆(ホシ)のゴトク」

日時:2014年12月26日25:55~岡山放送

   2014年12月27日15:00~岩手放送

   2014年12月29日25:00~TXN九州

   2014年12月30日14:05~テレビ新潟

   2014年12月31日18:10~テレビ神奈川

   2015年01月01日25:25~南海放送

   2015年01月03日14:54~北陸放送

   2015年01月03日13:24~青森テレビ

   2015年01月03日21:00~三重テレビ

   2015年01月03日22:00~東京MX

参考サイト

番組:テレビ東京 「モヤモヤさまぁ〜ず2」

2019年:7月14日 18時30分〜19時54分 

参考サイト

番組:テレビ東京 「よじごじDays」

2019年:10月10日 15時40分〜16時54分 

参考サイト

番組:テレビ東京 「日経プラス10」

2019年:11月13日 22:00〜23:00

参考サイト

番組:テレビ東京 「なないろ日和」

2020年:2月5日 10時00分〜10時54分 

参考サイト

ラジオ

番組:FM PORT 79.0

日時:10月5日から 10月9日 

参考サイト

脚注[編集]

[脚注の使い方]