小塚昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小塚 昌彦(こづか まさひこ、1929年 - )は日本タイプデザインディレクター書体設計家東京都出身。小塚明朝小塚ゴシックの制作者。

略歴[編集]

制作に携わった書体[編集]

  • 毎日新聞明朝
  • 毎日新聞ゴシック
  • ピコ・カジュアル36
  • マリ-MU
  • リュウミン
  • 新ゴ(発表当時の名称は「新ゴシック」)
  • 小塚明朝
  • 小塚ゴシック
    • アドビシステムズでの主な開発メンバー
      • 鈴木功(AXISフォント、ドライバーズフォント、TP明朝など制作者。現タイププロジェクト代表)
      • 西塚涼子(りょうゴシック制作者、現アドビシステムズ)

著書[編集]

  • 『ぼくのつくった書体の話 - 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(2013年12月、グラフィック社)ISBN 978-4766125627

論文[編集]

  • 「東南アジアのタイポグラフィ事情」 『印刷雑誌』63巻5号 印刷学会出版部 1980年 35-41ページ
  • 「毎日新聞社の拡大文字 (新聞用文字の拡大とデザイン)」 『印刷雑誌』66巻8号 印刷学会出版部 1983年 9-15ページ
  • 「コンピュータ時代の文字デザイン--国際タイポグラフィ協会のワーキングセミナーから」 『印刷雑誌』66巻11号 印刷学会出版部 1983年 53-57ページ

参考資料[編集]

  • 下川正晴「ひと 小塚昌彦さん 活字書体作り半世紀、「小塚明朝」を創作」 『毎日新聞』2002年2月17日東京朝刊、2面、2ページ
  • 「毎日新聞の文字が大きくなります(その2) 大きな文字、目にやさしく」 『毎日新聞』2007年10月12日東京朝刊、特集面、16ページ
  • 雪 朱里「文字をつくる−9人の書体デザイナー」(誠文堂新光社、2010年6月) ISBN 4416810385(著者がインタビューした書体デザイナーの1人として登場)

外部リンク[編集]