下川正晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下川 正晴
(しもかわ まさはる)
生誕 1949年????
鹿児島県[1]
教育 大阪大学法学部卒業[1]
職業 ジャーナリスト
大学教授

下川 正晴(しもかわ まさはる、1949年 7月28日- )は、日本ジャーナリスト。元大分県立芸術文化短期大学教授。

鹿児島県霧島市出身。大阪大学法学部卒業後、毎日新聞社入社。毎日新聞ソウル支局長、毎日新聞バンコク支局長、毎日新聞論説委員を歴任。立教大学大学院博士課程前期(比較文明論)修了。2005年に韓国外国語大学校客員教授。2007年4月から大分県立芸術文化短期大学教授。マスメディア論・現代韓国論を担当。研究テーマは、「日韓の相互認識とメディア」「慰安婦報道検証」[2]。2015年3月定年退職し、東京でフリージャーナリスト。主に近現代日本史、韓国、台湾、映画をルポルタージュ取材し、執筆する。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『私のコリア報道』(晩聲社
  • 『忘却の引揚史ー泉靖一と二日市保養所』(弦書房)

共著[編集]

寄稿[編集]

  • 「体験的に見た慰安婦報道論」(毎日新聞社「アジア時報」)
  • 「隻脚の外交官・重光葵が韓国を撃つ」「終戦時の陸軍大臣・阿南惟幾、遺族が語る自決70年目の真実」「朝日新聞は慰安婦誤報を反省したか」「封印された引揚げ女性の慟哭、二日市保養所70年目の記録」「対韓贖罪史観に侵された『京城』問題と新聞社内規」「幻の朝鮮映画『授業料』と小学生作文に見る日本統治下のリアル」(産経新聞社「正論」)
  • 「体験的報告ー日韓マスメディアの翻訳をめぐる諸問題」「植民地時代の朝鮮映画をどう見ればよいのか」(大分県立芸術文化短期大学「研究紀要」)
  • 「日韓特派員報道、すれ違いの歴史」「ジャ−ナリストが見た日韓関係50年」(拓殖大学海外事情研究所「海外事情」)
  • 「北朝鮮報道を考える」「激動の半島からアジアを見る」(日本新聞協会
  • 「日韓マスメディア検証」(韓国外国語大学言論情報研究所)

脚注[編集]

外部リンク[編集]