日本タイポグラフィ協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特定非営利活動法人 日本タイポグラフィ協会(にほんタイポグラフィきょうかい、略称 ジェイティーエー、英称 Japan Typography Association、英略称 JTA)は、グラフィック・デザイナー、タイプフェイス・デザイナー、研究者、教育者など200名を越える国内・海外の個人会員と法人会員で構成されている、デザイナー職能団体

概要[編集]

日本タイポグラフィ協会は、1964年に結成された日本レタリングデザイナー協会を母体として、広義のタイポグラフィの発展を願って1971年に名称変更して生まれる。
グラフィック・デザイナーはもとより、タイプフェイス・デザイナー、研究者、教育者など200名を越える国内・海外の個人会員と法人会員で構成されている。
会員有志により結成された委員会を主体に、日本タイポグラフィ年鑑の発行、雑誌『タイポグラフィックス・ティー』(年4回)の発行、海外交流、セミナーや展覧会の開催、タイポグラフィに関する研究、タイポグラフィ博物館設立の運動などの活動を行っている。
平成13年1月19日に、特定非営利活動法人(NPO)に東京都知事より認証を受け公益法人となる。

外部リンク[編集]

特定非営利活動法人日本タイポグラフィ協会
Facebookページ